・1965年製 Fender MustangにLindyのピックアップを取り付け

2015年09月21日 21:39

・高校の同級生が先日1965年製のムスタングを購入しました。弾いてみると異様にネックのサイズが小さくてびっくり!調べてみるとAネックというさらに小さいサイズのネックだそうです。21フレットなのも納得!
IMG_5146.jpg

・友人によるとパワーが小さいのとトレモロユニットの動作をなんとか整備してほしいとの事。ちょうどリンディーフレーリンのラインナップにパワーを10%ほどアップしたモデルがあったためそれに載せ替えてみました。
IMG_5149.jpg

・それと、トレモロアームを使うとチューニングが悲惨な状況になり使い物になりません。実はムスタングって私自身初めて触るのでノウハウはありませんでしたが色々と弄ってみたら分かってきました。

この機種は弦のテンションがきつすぎても緩過ぎても狂いが大きいということが見えてきました。さらにアームも何も欠品でしたので以前折れてしまったアームを使いテンションネジを自作して装着。何日か試奏してみて全く狂わなくなりました。ちなみにムスタングは009のゲージでないとサスティーンが稼げないということを教えていただいて目からうろこです。動画は確かに太いゲージですがアームを使うとサスティンが無くなります、要調整かな!
IMG_5151.jpg

・リンディーフレーリンのピックアップは素晴らしいですね!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/398-2a850288
    この記事へのトラックバック


    最新記事