・Ruby 12AX7AC5 HG 選別 VHT Pittbull 45

2015年12月03日 10:10

・ギターアンプのプリアンプチューブで一番好きなのは中国製の物で、無印、無選別ならば1本900円位で入手可能です。しかし、信頼性が上がったとはいえまだまだバラつきが大きいので選別メーカーがチョイスした物がお勧めです、価格は倍位にはなりますが手間暇を考えると妥当な値段です。今回は久々にVHT Pittbull 45用に選別してみました。
PIB0001.jpg

・ロシア製に比べると深く歪ませた時のヌケが良く、サウンドキャラクターも元気なものが多い傾向です。
PIB0002.jpg

・前もってMarshall 1959の2ndで弾いてみたサウンドをもとに各真空管の傾向でチャート表を作っておくと選別がスムースです。
このアンプでは、ドライブチャンネルの場合、2nd管→3rd管→4th管の順で歪みの質や量に影響が出ます。歪みを深くするならば前の方にゲインの高い物を持ってきますが、トーンドライバーを兼ねた4thにあまり高いのを持ってくると輪郭がボケてきます。
pib00022.jpg

・このアンプは図太くスムースな中低域が生きるclass Aと モダンな歪みの class ABが切り替えられます。今回は歪みの深いABで選別を行いました。
PIB0003.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/409-64f78e6d
    この記事へのトラックバック


    最新記事