・ピックアップチェンジ!Seymour Duncan SSL-1の巻き

2016年01月31日 20:05

・程良く弾きこんで鳴りが良くなってきたBlack-Mapleの'69ストラトキャスター、アビゲイル・イバラさんが巻いてくれたグレイボビンピックアップが搭載されています。メイプルフィンガーボード特有のアタックと倍音たっぷりのサスティンです。
cs69black-maple.jpg

・何年かに一度、自分のお気に入りピックアップを見つけてきて換装しオリジナルとはまた違った新鮮な意外性や良さを楽しんでいます。
これはオリジナルのfender '69 pickups  60年代後期仕様でコイルの巻き方がタイトで中音域が引っ込んで派手な高域とゴリッとしたタイトな低域のピックアップです。音の傾向としてはTEXAS SPECIALやLINDY,VANZADTのブルーズタイプとは正反対のタイプです。
cs69pickup1000.jpg

・今回交換したのがSeymour DuncanのSSL-1です。30数年の間に何度か所有したことがありましたが今回は国内ライセンスモノではなく2013アメリカ生産物を取り寄せました。SSL-1は丁度高校生だった79年~80年代初期にディマジオと共に非常に話題になりました。中低域全開、モアパワー志向のディマジオのファットストラトに対しダンカンのヴィンテージ再現至上主義は全くの正反対。問題はそのお値段にありまして、確かSSL-1はセットで実売50000円位したと記憶しています。
duncanssl-1-0010.jpg

・換装にあたって同じテスターと気温条件でDCRを計測してみました。実はSSL-1は80年代初期の頃には今の物よりもう少し巻き数が多くDCRも7K前後でした。

今回の換装でも歪ませると表情が一変し非常にパワフルでヴィンテージスタイルのピックアップなのにへヴィーなロック方面にも難なくアプローチできるSSL-1の懐の深さに改めて感心しました。大好きなミドルピックアップでのロングトーンで起きるフィードバックも素晴らしいミッドハイの倍音感です。実際の出力はヴィンテージ領域ですが出てくる音にはパワー感がありやっぱりこのSSL-1はいつの時代にどんなギターに取り付けてもその都度良いなぁ~と感じるという事は自分にとっては好みのモノなんだと思います。

一方で私のあまり好みではないピックアップは、テキサススペシャル、FAT-50、スーパーディストーション、ビルローレンスL-250、ダンカンJB等のミッドレンジが前に出るタイプは今まで換装して弾いたとたんに取り外していました。ヴィンテージタイプのローパワーなのに弾くとパワー感が感じられるものが好みです。
cs69-ssl-1pickup-dcr.jpg

・Ampeg VL-1002、キャビネットはCELESTION VINTAGE30が4発ですのでストラトでも強烈な低域が出ます。非常に乾いたミッドハイにタイトなローエンド。このアンプ素晴らしいです。昨年は小さめのコンボアンプを集めましたが今年は12インチが2発以上の大きめのアンプをコレクションしようかと思います。
ssl-1-vl1002.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/416-bcb093c9
    この記事へのトラックバック


    最新記事