・マークサンプソン設計 STAR NOVA-110 #2

2016年06月27日 23:02

・初段管のソケット部分です。6番プレート、7番グリッド、8番カソードの3極管ワンユニット分が空となっています。A級独特のパワー部の過入力による歪みやスピーカーの歪もあるので現状で充分なゲインがあります。
STAR-NOVA-110-007.jpg

・ヌケを向上させるのに標準のスピーカーケーブルをベルデンに交換します。
STAR-NOVA-110-008.jpg

・標準のJENSENアルニコスピーカーはコーンが薄くマグネットも小さい、ちょっとダイナミックさに欠け好みではないです。次項で紹介しますが既にスピーカーも交換しました。
STAR-NOVA-110-009.jpg

・回路は触らず現状でどの真空管が合うのか色々と差し替えてみます。
STAR-NOVA-110-010.jpg

・プリアンプチューブも名古屋のドクターミュージックでHGタイプ(ハイグレード選別品)をたくさん仕入れてきました。
STAR-NOVA-110-011.jpg

・パワー管の6V6GTは手持ちが少ないので近日中に入荷する予定ですが現状の中から色々と差し替えてみるとびっくりするくらいサウンドが変わりますね。まぁそれだから色々試すわけです。
STAR-NOVA-110-012.jpg

・EL34なんかは70年代のヨーロッパ製 N.O.Sだとクワッド4本で4万円~6万円もしますがこのアンプに使う6V6GTは70年代のアメリカ製新品でもとてもリーズナブルなので助かります。6V6GTという管はビーム管特有のハツラツとしたサウンドなのにブレークアップが早く、コンプレッションが気持ち良いのにEL84ほど潰れすぎない6Ł6GCほと耳に痛くない、、、こういう理由で大好きな管です。これはアメリカ シルバニア製のクリアガラス版6V6GTAで倍音が強烈。
STAR-NOVA-110-013.jpg

・こちらは同じシルバニア製でもスモークガラス仕様で左が海軍ミルスペック管、右は通常版。個体差があるので一概には言えないがネイビー仕様は若干ダークでおとなしい印象。通常版はクリアガラスとネイビーの中間サウンド。
STAR-NOVA-110-014.jpg

・いろんなパターンで選別しては印を打って、差し替えてサウンド別に数組を作っていきます。下のはハイゲイン版での選別。プリ部、パワー部の組み合わせで相当サウンドが変わるので楽しい作業です。 続く、、、
STAR-NOVA-110-015.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/430-070ebe5b
    この記事へのトラックバック


    最新記事