・fender 75 amp レストア#3

2016年10月02日 23:52

・fender 75 amp レストアその3、取敢えずオシロスコープで電源のフィルタコンデンサをチェックしましたが全て正常でした。マロリーのヴィンテージスタイルのコンデンサ!素晴らしいルックスです。不具合がないのならこのまま使わせていただきましょう! 余談ですがこのキャパシタンスをむやみに大きくする記事を良く見かけますが、大きくすると先ず最初に低域が少なくなり耳に痛い高域成分が目立つようになります。整流のダイオードにも大きなラッシュカレントが流れて負担が大きくなったりして、、、良く考えて行う方が良いと思います。
fender75 amp010

・到着当初、ひどいノイズはあるものの素晴らしい音色でしばらくそのまま弾いていましたが、ついにノイズが少なくなったと思ったらダイナミクスの無い貧弱な音になってしまいました。観念して故障個所の特定、オシロでは出力管のグリッドまでは信号が来ています。各種電圧の測定の時点で6L6GCのプレートに電圧が来ていません。という事で、アウトプットトランスの1次側巻線のうち片側が断線しています。このトランスは1次側にタップのあるウルトラリニア巻線付きなのでシルバーフェイス期の物と同じです。アメリカからだと送料が高いな~と思案し検索すること暫し、直ぐに国内の業者さんがアメリカの問屋から仕入れたなんと新品のOPTの在庫を持っていて格安で譲ってもらうことができました。感謝。 この故障したOPTは将来カチ割って1次側の巻線を巻きなおして修理してやろうと思い保存することに、、、
fender75 amp011

・修理する際に大事なのは故障個所の特定とその故障はなぜ起きたのかの原因を知ることです。これについては後ほど詳しく解説します。 その他、パワー管のソケット電極などが痛んでいたためステアタイト製のしっかりした物に交換。後ほどEL34も使えるように8番グリットと1番サプレッサーグリッドを繋いでおきそこから1Ω2Wの抵抗を介してアースに落としておきます。
fender75 amp012

・スピーカーグリルがMDF材ですので途中で折れたり劣化してボロボロとクズが剥がれてきますので新たに15ミリ厚の合板を切り出して作ります。強度を考えオリジナルの枠よりも少々頑丈にサイズ変更しました。
fender75 amp013

・交換張り替えたグリルクロスは前回のデラリバⅡや黒ノブtwinに使ったものではなく、アメリカのmojotoneから取り寄せたものでブロックの真ん中に極薄いブルーのラインが入る高級なやつで非常にクールです。グリル枠へのクロスはタッカーで固定。
fender75 amp014


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/440-b8eda99a
    この記事へのトラックバック


    最新記事