・アーム職人 hiwatt0420さんに特注

2016年11月27日 00:14

・以前、2010年8月にもご紹介しましたが、ヤフオクで完全手作りアームを出品されているhiwatt0420さんに今回も2本のアームを作って頂きました。上の2本が2010年製作の物。下2本が今回購入したものです。
strato-arm01.jpg

・今まで市販されているステンレス製アームを何本も折ってきましたがこの手作りアームは6年間全く不具合無し!インチネジを回してユニットに挿しこんで行くときにガタが少なくそういう感触でも一般市販品との差がわかります。これは2010年製作の”70年代の決めるアーム”というネーミングの物です。60年代のモデルに比べて70年代のは長さが少し長めでタッチが軽く感触が非常に良い感じ。
strato-arm02.jpg

・こちらも6年前に作って頂いた同モデルです。材質はSUS304ステンレス、ピッキングしながらアーミングした際のタワミ具合が絶妙で色んなメーカー品を使ってきましたがこの感触は他にはない物です。ちなみにFENDERの純正のスチール製クロムメッキアームだとホンの数回の使用で根元から折ってしまいます。ユニットから取り出せないことも何度も経験し懲りてますのでステンレスしか使わないのです。
strato-arm03.jpg

・主な有名アームは殆ど網羅されていますのでお好みのモデルを選ぶことができますが、さらに踏み込んで自分好みに仕上げるために各部の寸法や曲げ具合の特注にも相談に乗ってくれます。今回私は少々短めのジェフベックアームを1本(一番手前)と2010年購入した1本をサンプルとして送って同じものを製作して頂きました。というのも購入後、若干自分の好みで曲げ角度を変えたからと現在出されている物とはネジ切長さが若干違うからなんです。

ブリッジのフローティングの有る無し、ピックを持つ角度等々まさに需要は千差万別ですのでそういうところに応えてくれる職人さんの存在は本当にありがたいですね。
strato-arm04.jpg

・今回お願いした”70年代の決めるアーム”はこの家宝の'69ストラトキャスターに取り付けることにしました。このギターはアンプから出てくる音とネックから手に伝わる振動と感触の次元が違う感じがします。
strato-arm05.jpg

・3本とも’69ストラトキャスターですが音はそれぞれ個性があって面白いですね。アビゲイルイバラの手巻きピックアップもそれぞれ音が違います。コイルの形状や巻き数もとってもバラエティー豊か!

私はストラトの場合はラージヘッドで色は白か黒が好み。ラージヘッドはスモールよりも弦のテンションが柔らかくサスティーンも豊かです。  実は最近もう1本黒い’69貼りメイプルストラトキャスターのサーチを始めました。限定のチームビルトカスタム(TBC=指板のアールが緩くミディアムジャンボフレット仕様)でアッシュボディの物が極少数作られています。(通常のTBCはアルダーボディ)ライトウェイトアッシュなんですがこれがまたレンジが広くて良い音しそうです。そうなればもう1本アームもお願いするかもしれません。皆さんもぜひ自分だけのアームを発注してみて下さい。
strato-arm06.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/453-57409a9f
    この記事へのトラックバック


    最新記事