・筋トレのパワーラックを組み立てました

2016年12月10日 00:16

・2000年の確か9月だったか、それまで吸っていたショートホープをスパッと止めて(笑)その年の暮れからウエイトトレーニングを始めました。36歳でしたが体力の衰えに恐怖感を感じてのことだったと思います。その時のトレーニング器具は全て知り合いからのもらい物でまかなっていました。今年で丸16年、年間大体110日前後自宅でトレーニングしているのですが、加齢による安全対策とさらなるモチベーションアップのためにパワーラックを買ってきて組み立てました。好きな曲を流しながらのトレーニングは自宅トレーニーの特権です。
power_rack01.jpg

・小中高と一生懸命スポーツに取り組んでいましたが中でも中学3年生の時にそれまでの野球部から陸上部にシフトして、わけもわからず勧められるままに参加した市と県の400mの大会すべてに優勝してしまい一気にこれは面白い!と成ってしまいました。(単純この上なし)  進学時に色んな高校からお誘いがあり、ある学校からは将来、「競輪選手への道もあるよ」と、、、結局、別の陸上強豪校に行ったのですが、もし自転車の方面に進んでいたなら吉本新喜劇の辻本茂雄さんと全く同学年で同じ釜の飯を食っていたはずです。  oh~授業をぬけだしてぇ~ 大会でいろんなところに連れて行ってもらいました。インタハイの近畿予選では確か兵庫の王子競技場での4×400mリレーで京都の洛南高校に居たタレントの森脇健児さん(森脇3兄弟の次男)の一番上のお兄さんと同じ組で当たったことがありました。この頃からエレキギターにも取り組んでいましたので勉強する時間は当然のことながら全くありませんでした。
power_rack03.jpg

・時々ちょっとその辺を走ってみて自分の走れなさぶりに愕然とします。今は、優秀なスマホアプリがあるので走った距離はもちろん平均ペースや最高速度まで出ます。ジョギングやマラソンの練習をしてしまうとせっかく鍛えた筋肉が細くなるような気がしますので、短距離選手時代の加速走やステップ走、モモ上げ走なんかやってみますがまぁ情けないくらいに走れません。理想は海外のラガーマンのように”ゴツくて速い”です。

高校の時に練習で1000mのタイムトライアルを3本とかやってそのうちの1本のベストは2分36秒でしたが今は1本だけやっても8分以上かかってしまいますし第一1000m通して走ることもできません。昔から得意な加速走(徐々に加速していって中盤の50m位を全力で、そのあと流す)は今やっても気持良い物なんでためしに最高速度を計測して100m換算でどれくらい?とやってみたら16.8秒、しかも100mも持たない。体重も違いますがあまりの体力の衰えに情けない思いになりました。そこで少しでも快適にと近所のスポーツ店で最新のランニングシューズを買ってもらいました。平常価格12000円以上するものばかりでビックリ!しかし、型落ちモデルチェンジ前の物が大体3980円で手に入りますので28センチの物を2つ見つけてきました。インナーソールの性能とか膝への負担の無さとか最近のモノは隔世の感有りでありがたいですね。
power_rack02.jpg

・49歳の時に長男が補助についてくれてベンチプレスのフルレンジ、1回のベストが147.5キロ。その時、割と楽勝でしたので150キロは50歳になった時に~と。ところが加齢による衰えや怪我などで目標達成は程遠い状況となってしまいました。今まで相当怖い思いもありましたので安全対策とスミスマシンならではの高重量の感覚を脳に刻むという事でパワーラック導入です。ポジション決めやマーキングをしっかり行ってやってみますが、安全というキーワードのおかげで脳のリミッターが外れてこれからもう少しの間は頑張れそうです。組み立て記念にスティーブヴァイのギターとコラボして動画を作ってみました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/455-82c31859
    この記事へのトラックバック


    最新記事