FM放送とセッションする

2009年01月24日 19:04

普段はオーディオアンプにMP3プレーヤーを繋いでセッションすることが多いのですが、それ以外にFM放送から流れる知らない曲に合わせて弾くということも昔から楽しんでいます。

このチューナーはオーディオ黄金期の80年代にTRIOから発売されたKT-1100というアナログ5連バリコンの名機です。さらにこの時代には最上位機種にL-02Tという30万円のモデルもありましたが残念ながら現代ではこういう高性能機は作っても売れないのでメーカーも撤退してしまいました。私もオークションで程度の良い物をやっと入手できました。元々TRIO(現KENWOOD)は通信機メーカーですから受信性能自体も凄いものがあります。
KT1100-1.jpg

そこでFMアンテナを自作することにしました。私の家からFM大阪、FM802,FM-COCOLOの送信アンテナまではグーグル計測で70キロ程離れていて八木アンテナだと5素子は必要です。以前同アンテナを屋根の上に上げていて台風で吹っ飛んだ経験から今回は屋根裏にビームアンテナを設置する計画にしました。自作派ハムの方ならご存知の”ZLスペシャルアンテナ”です。ゲインがあって指向性もシャープ、材料は全てコーナンで調達、費用は2000円でお釣りがきます。先ずはエレメントに使う300オームのフィーダー線、それに引き込み用の5C2V同軸ケーブル、給電点の1:1バランの3点です。作り方と計算式は次の図を(web上から拝借しました)
ZLSP.jpg
A=133.5/周波数(Mhz)
B=136.3/周波数(Mhz)
C=33.5/ 周波数(Mhz)

アンテナを室内の天井に画鋲で張る方法が一般的ですが指向性がかなりシャープなので微調整したいのとスマートに行きたいのとの理由からコンパネで枠を作り本体を天井裏に配置することにしました。一番波長の長いFM-COCOLO76.5Mhzで製作してみましたがこうしてみると結構な大きさです。
ZZL2.jpg


私は天井裏へ、室内に居る長男にSメーター振れをみてもらいつつ天井裏でアンテナの角度を調整します。在阪4局のFM局+地元の3局全ての局を受信して方向と角度を割り出します。
同じ方向でも電界強度に波があるので慎重に。
ZL5.jpg

方向が決まったら天井裏の木材にインパクトドリルでビス固定、次にチューナまでの配線を最短で且つAC配線を避けつつ配線します。
ZL33.jpg

下から見上げた図,、グーグルアースで調べた方向とほぼ一致。
ZL4.jpg

そしてオーディオラックの天井裏に穴を開けて引き込みます。
LINE1.jpg

クソ重たいアンプでも将来設置可能なように天井裏に自分で補強梁を入れてオーディオラックを吊るしました。スピーカー側棚には懸垂用バーを木製の手すり棒を利用して取り付けました。(スピーカーや測定器50キロ載せた上で90キロの私が懸垂してもビクともしませんでした)このラックもコーナンで調達した材料(15000円)で自作です。
同時に壁内配線で設置したオーディオ類の近くに専用のACコンセントを増設します。スピーカーケーブルは配管用のCD管を這わせその中を通します、こうすると後々天井に上がらなくてもケーブルの交換などが容易です。
audioluck.jpg

肝心の受信性能ですがゲインがあってノイズは皆無でした。KT-1100はフロントエンドの高周波増幅段を手動でバイパスさせてダイレクトでIF段へ信号が送れるのですが、このダイレクトモードでもきちんとステレオで受信できていてびっくりさせられました。安い材料ですが性能は抜群、鉄筋や鉄骨の家ではだめですが木造の家屋である程度の天井裏スペースがあればお勧めしますよ!
KT1100-2.jpg
当初、アンテナ直下にガリヒ素でRFプリアンプを自作して組み込む予定でしたがアンテナのゲインが予想以上に高かったのでこのまま行くことになりました。

このチューナーで聴く山下達郎のサンデーソングブックやジェットストリームは最高!そして毎週あるNHKのジャズスペシャルライブでボーカル物に合わせてガラにもないジャージーなセッションを楽しむというのが最近のマイブームなのであります。お金をかけずにいかにチープな条件で楽しい効果を上げるかこれが楽しいですね!







コメント

  1. JAKE(じゃけ) | URL | z8Ev11P6

    Re: FM放送とセッションする

    アンテナ、素晴らしい!

    記事を読んで、私も作ろうかと思ったんですが・・軽量鉄骨プレハブの家ではダメみたいですね・・

    達郎のサンデーソングブックは私もドライブのときによく聴きます。選曲が最高ですね~。

  2. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: FM放送とセッションする

    こんばんは、そうですね~実は昔鉄骨の天井裏でも実験をしたことがあるのですがやっぱりシールドされて全くだめだったんですよ。

    このアンテナは指向性がシャープですので、都会の強い電解地域でコンポにおまけで付いて来るフィーダーアンテナ使用時によくあるマルチパスの影響が無いのでお勧めなのですが鉄筋と鉄骨だけはさすがに無理のようでした。

    80年代の初め頃だったでしょうか、達郎氏が大阪梅田の某老舗楽器屋によく来ると聞いてちょくちょく通いましたが会えずじまいでした。昔は東京よりも神戸に良いオールド物が集まったらしいのですが、いまはやっぱり東京の物量にはかないませんよね~。

    実は'69 N.O.Sを選びに上京しようと考えております。うわさに聞くストラトクレイジーにも行ってみたいな~と計画しております。
    今度はブラックにメイプルと思っていますが、いつもいつも何故か土壇場でホワイトにメイプルになってしまうのです。

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  4. Castman Hendrix | URL | -

    Re: Re:FM放送とセッションする

    > ヘンテナ
    >
    > 半信半疑で、作ってみました。
    > 地デジ用アンテナも
    > 針金ハンガーの折り曲げで出来てしまいました。

    結構なゲインがあるので実用充分、屋根裏で元気に働いてくれています。

  5. taka | URL | VWFaYlLU

    Re:FM放送とセッションする

    はじめまして、、m(__)m

    チューナーはKT-1100ですか。
    良いですね、、私はKT-1000を使用してます。
    20年か30年?経過してます。
    故障はダイヤルのケーブルがおかしくなって、修理に出したくらいです。
    アンテナは地デジになる前はVHFアンテナが使え重宝しました。
    専用アンテナを外に立てたいが、カラスが多いのでイタズラされそうで、それで室内T字です^^;
    電波が強いのか、これでもレコーダーに録音してます。
    実は天井裏に三相アンテナが、使わないままです。
    KT-1000購入時に立てようと、、そのままです。

  6. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:FM放送とセッションする

    こんばんは、トリオ、ケンウッドとパイオニアのチューナーは本当に高性能で良いですね!私の1100ですがFMのパルスカウント部分のコイルが逝かれていてケンウッドサービスに修理に出すつもりです。故障個所もわかっているのですが代替え部品が無いのと、自分で調整するためのSSGオシレーターを持っていないためです。ケンウッドサービスは30年前の製品でも親切丁寧に調整してくれるので助かります。このZLスペシャルアンテナですがゲインと指向性のカットオフがシャープですので強電界域でも音質がまるで違います!フィーダーとかマルチ八木はマルチパス干渉が避けられませんがZLは優秀です。前に7素子の八木をスタックにして使っていましたが台風で飛ばされました。

  7. taka | URL | VWFaYlLU

    Re:FM放送とセッションする

    こんばんは。
    今夜は風と雨でヒドイです。
    内地は良いお天気で、、、。
    テレビの映りが悪く、アンテナ見ると水平でなく斜めになっていました。
    また、カラスです。

    ダイレクト・モードはKT-1000にもあり、入れっぱなしです。
    Sメーターは5です。
    レコーダーに録音、パソコンでCDつくってます。
    周波数が50~15000との事ですが、十分実用に、、良いですね(^^)
    今はハイレゾに、、CD化したのからリッピング、CUEシートにしてDACに送り聴いてます。

  8. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:FM放送とセッションする

    私も早くKT-1100の修理をしないと(*_*)、ケンウッドサービスは昔の機器も丁寧に面倒見てくれますので助かります。

    80年代にFMで録ったカセットテープが沢山あって、その時代のエアチェック音源がブートレグでかなり出回っていました。

  9. taka | URL | VWFaYlLU

    Re:FM放送とセッションする

    こんばんは。
    暫くです m(__)m
    今、1990年代のVHSビデオテープ整理しています。
    DVDやブルーレイにしています。
    カセットテープも沢山あります。
    FMからクラシックを録音したんですが。
    当時の高性能テープ色々なメーカー使いまいた。
    ドルビーOFFです。
    CDに焼くのも面倒だし、、結局燃えないゴミか (ーー;)

  10. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:FM放送とセッションする

    私も80年代にFM番組から録ったカセットが沢山ありまして,,,いつかちゃんとしたデジタルデータにしたいと思っています。特に当時の来日アーティストのライブ番組はお宝なんです!しかし、当時所有していたオーディオセットが実にチャチなものだったのが悔やまれます。

  11. taka | URL | VWFaYlLU

    Re:FM放送とセッションする

    そうですか、、。管理人さんも、カセットが沢山で (^^) デッキはあります。テアックV-7000で、故長岡氏が絶賛??しておりました。多分動くとは思います。テアックは故障しても対応してくれるかな?
    今もFMから室内合奏団を録音してました。小型レコーダーに録音、USBケーブルでPCに取り込み、ネットで拾ったソフトを使い処理、、外付けドライブ2台で焼いてます。最近はハイレゾに、、出来たCDはリッピンやCUEシートにしてDACに送りステレオ装置で聴いてます。DACにUSBコードで送った方が、、高さ、広がり、奥行きが出て良いです。
    16ビット44,1Kが24ビット192Kに変換され、限りなくアナログに近くなるから。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/46-6add3668
この記事へのトラックバック


最新記事