・Marshall 100W NFB量の変更

2017年03月19日 20:51

・最近はFENDER 75ばかり弾いておりました、、、素晴らしいアンプで今まで所有したFENDERの中では文句なしのNo.1です。 丁度今、FENDER 75がヤフオクに出ていますね、ちょっと高いかな。
今日、久々にmarshallを開腹しNFBの量を変えてみました。
marshall_nfb01.jpg

・NFB=ネガティブフィードバックのことです。半年に1回くらいローテーションで変えてサウンドの差を楽しみます。標準は47kΩですが前回は100kΩとかなり浅くしていましたがちょっと歪み過ぎて飽きてきたので変更します。
marshall_nfb02.jpg

・色々差し替えてはサウンド差を、、、カーボンソリッドより普通の炭素被膜の方が枯れて抜けます。
marshall_nfb04.jpg

・NFBとは出力の一部を逆相の信号として位相反転段の入力部に戻す仕組みのことです。オーディオアンプの世界では周波数特性や歪み率の改善、動作の安定を目的として行うそうです。逆相のを位相反転段の入り口に戻すわけで量が多いと正相の信号と打ち消し合うので出力が下がります。難しいことはさておき、その量の増減で歪み量やコンプレッションの具合が変化します。マーシャルではここの周波数特性を変化させてプレゼンスコントロールの役割をさせています。NFBの量は1本の抵抗の大きさで決まります。
MAR1959.gif

・時々ローテーションで変えるわけです。今回は一番左のカーボン皮膜1/2W型の68kΩに。これも中学生の時にニノミヤで買ったものです。まさか今頃使うとは、、、
marshall_nfb03.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/472-22e9cb5f
    この記事へのトラックバック


    最新記事