エフェクター自作ブーム

2009年02月04日 20:25

最近のネット界での自作エフェクターに関する情報量と質の高さには驚くばかりでして本当に良い時代になったな~と思います。その昔、約30年位前にもエフェクター自作ブームがありました。
当時は海外製のエフェクターが高嶺の花だったのでそれらのコピー記事が多くの紙面を賑やかせておりました。

先ず、ロッキンf 現在はちょっと方向性が変わりましたが私が読み出した78年頃には巻末に毎号!エフェクター自作記事が載っていました。player誌はバックナンバーを買っていたため75年頃から読みましたが76年のplayerスペシャル合併号でジョーウォルシュ(工学修士!)がトーキングボックスの回路を発表していたのをみて自作したのも良い思いでです。

これは81年頃の記事を見て作ったオクターブファズです。原音とオクターブ上、オクターブ下をそれぞれ独立させて出力できました。まだこの頃はダイキャストケースは無くアルミケースです。オーリーブドラブのスプレーを吹いてからタミヤカラーの手書きで迷彩柄に、レタリングを入れた後最後につや消しのクリアーを数回重ねてあります。なんと25年以上も前に作った機械に”Hendrix"の文字が、、、○○は死ななきゃ治らない。
octf1.jpg

回路はこれです、なんと年季の入った資料でしょうか!
色々と当時の試行錯誤の跡も懐かしい物です。回路内容は当時大流行のオペアンプを使って、コンパレーター動作でゲインを稼ぎ、周波数逓倍回路でオクターブ上を、分周回路でオクターブ下を作っています。このエフェクターの回路はギター用というよりは当時隆盛を誇ったアナログシンセサイザーの仕組みをいくつか組み合わせて無理やりギター用途とした感じを受けます。ちょっと一ひねりあったのが電源回路でした。普通オペアンプはプラスマイナスの両電源が必要ですが、9V乾電池1個使用でこのエフェクターではCD4049というCMOS電源アップバーターICを使って16Vに昇圧しそれを+8Vと-8Vとして両電源を確保しています。書き込みを見るとどうやら自分でヘッドアンプのゲインを可変式に変更したようです。
oct3.jpg

メイン基板の左上に見えるのが先ほどの電源基板です。メイン基盤の下には各種パラメーターとフットスイッチが、、、今ならケース内部のタテ、ヨコ、タカサを測ってからCADで実装図面を書いてから穴あけを行うのが一番確実ですがこの頃はパソコンが無かったので大変でした。今ならもっと小さなケースで実装できるかナ~ ちなみのこのスイッチは余ったゲート回路を利用したFETスイッチでした。
oct2.jpg

そして、肝心のサウンドは!というと、写真を見てもらうとわかるように入出力ジャックが無い!?
そうなんですよ、作って完成はしましたが、あまりにも期待ハズレなしょーもない音にガックリきて色々と定数をいじったりはしたのですが、結局、コンパレータという何でもかんでも矩形波に増幅したり、フリップフロップというようなデジタルの素みたいな仕組みを利用したりの影響かもしれませんがピッキングのニュアンス、強弱が全く表現できませんし艶のないサウンドでした。あ~あ~大失敗!ジャックは高いパーツなので他へさっさと流用しました。ケースその他は苦労したので取ってあったと言う訳なのでした~





コメント

  1. JAKE(じゃけ) | URL | z8Ev11P6

    かっこいいです!

    ケースの迷彩模様は、ハンドライティングなんですね!めちゃめちゃカッコいいです!

    この配線図を見ただけで、エフェクターが作れて、改良まで出来るとは!さすがですネ(^^/

    この頃のロクfは良い雑誌でしたネ、Playerともども、毎月購読していました。
    Player誌のトーキングボックスの記事、私も読んだ記憶がかすかにあります、トランペットスピーカーのドライバーを使うのだったですかね?(間違っていたらすみません)。

  2. よすけ | URL | -

    はじめまして

    よすけと申します。JAKEさんの所から飛んできました。

    Fuzzの記事物凄く参考になります。音むちゃかっこいいですね~。
    ちなみに私がロクfを買い始めた84年はジャパメタ一色でございました。

  3. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: エフェクター自作ブーム

    JAKEさん、こんばんは、このエフェクターですが実体配線図も、プリントパターン図も付いていてどなたでも作れるようにわかりやすく書かれていたんですよ。でもやっぱりオペアンプの音でディスクリートのオクタヴィアのように低域がグギャーン、ゴンギャーんとは鳴りませんでした。今はメーカー製のエフェクターもディスクリートに戻っていますよね。

    あの記事をご存知とは恐れ入りました!そうですね、ホーンスピーカーですか、大は選挙カーの屋根に、小は体育の先生が持っている拡声器ですか。でもあんな原理を良く思いつきますね。体育教官室のホーンスピーカーをばらしてドライバーを取り出し、家の座布団の綿を取り出し、キルティングの袋にギュウギュウニ詰め込んで作りました!私はギター以外では89年にサンケイホールで観ましたZAPPのロジャートラウトマンのミニムーグとトークボックスでのサウンドも大好きでした。

    PLAYER誌って丁度80年頃から月に2回発行だったですよね、丁度この頃はニナハーゲン、ジョニーロットン、スティング、なんかの表紙を覚えています。79年以前は装丁もしっかりしていてほつれることも少なかったですよね。77年~79年頃はエディー、ドンフェルダー、クラプトン、なんかの表紙を覚えています。売ります買いますコーナー!よく画像無しで成り立っていたな~と感心します。面白かったのはメンバー募集のコーナーで「当方テク重視の本格派バンドにてヤンキー、ツッパリ、格好だけの人お断り」なんて書いてありましたよね~。

    PLAYER誌で面白かったのが吾妻光良氏のブルースギター講座です。毎回毎回切り口が関西のノリで笑わせてもらいましたよね、そういえば手前の紙面がアニキのジョージ吾妻のハードロックギター講座でしたか、この人ロニーモントローズの大ファンでGAMMAのことをえらく持ち上げておりました。私はカルメンマキ&OZの狂信者でしたので吾妻氏のLAFFや5Xにはがっかりさせられました。OZの春日博文氏の作る曲はMAKIの叙情性と影の部分とうまく絡み合い本当に素晴らしい物ばかりでした。

  4. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: エフェクター自作ブーム

    よすけさん、こんばんは、はじめましてようこそいらっしゃいませ。早速ブログを拝見しましたがかなり、相当やっておられているご様子で嬉しくなってしまいました!是非リンクを貼らせてください。FUZZは深いですよね~FUZZとワウはさしずめチャーハンとギョーザのように深いものだと思います。私のファズも定石どおりに電源ラインなんかにバイパスコンデンサー等を入れますとノイズは小さくなり電源のインピーダンス(交流的な抵抗)も下がるのですが、同時に倍音のアンビエンスも殺がれてしまいおとなしくなってしまいます。FUZZFACEのバリエーションは本当に追究し甲斐のある究極なのかも知れませんね。

  5. よすけ | URL | -

    Re: エフェクター自作ブーム

    リンク大歓迎です。よろしくお願いします。こちらもリンクさせていただきました。

    Fuzz深いです。Fuzzの後にモジュレーション付きのディレイをかましてユニバイブっぽくさせようとするとびちびちいいはじめました。間にエフェクタを何台かかますと問題なし。なぜ~ってな感じです。
    今度Fulltone69作る時はまた色々教えてくださいね~!

  6. JAKE(じゃけ) | URL | z8Ev11P6

    Player

    そうそう! (^^ うれしい話題ですね~

    Player誌は一時期月2回発行されていましたネ!

    私は当時、かなりPlayer誌の影響を受けてまして、広告や記事が多く載っていた、Grecoのギターが大好きでした~。EG900(レスポール)だとか、SE1000(ストラト)他、Grecoばかり持っておりました。
    アンプは、VesserというELK?製のKT88x2本を使った物を頑張って購入しましたが‥音は??でした。

  7. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: エフェクター自作ブーム

    よすけさん、ちょっとそのノイズの原因は私には解りませんが、間にエフェクトということは出力のバッファーが入るとokということなのかなと思いました。

    Fulltone69の製作頑張ってくださいね、コツはデカイ音で音決めしていくとコンデンサの違いなどがよく解ります。仮組みで大体の選別を終えたらソケット接続はトランジスタだけにしてあとは全てハンダ付けしてください。抵抗やコンデンサをソケット接続で使うとぼやけますので。ハンダは普通のケスター44がお勧めです。銀入りを使うと音ヤセします。プリントパターンを使用せずにジャノメ基板に部品のリード線と足らない場合はスズめっき線を使ってハンダしていくとポイントtoポイントになって音が太くなります。GGGサイトの回路図中にオプションで電源ラインに100μのパスコンが入っていますがこれを入れるとゲルマ独特の暴れる感じがなくなってしまいます。NECのゲルマは少しシャーというホワイトノイズがしますが初段に使うと艶が出ます。2段目はサンヨーやNKT275も太くてお勧めですよ、お使いになるアンプとの相性もありますので色々と試してみてくださいネ!とにかくデカイ音で試してみてくださいネ

  8. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: エフェクター自作ブーム

    JAKEさん、さすがは同志!ですね、雑誌の裏表紙はいつもグレコでした。わたしも一番最初にエレキはEG700のタバコサンバーストなんですヨ。モッサイ色でした(~_~)が音は最高!次にSE600ナチュラルでした。いつかお金を貯めてグレコオーダーメイドシステムに注文するぞ~と思っていました。数年前にオークションでお取引した方が有名なグレコマニアの方で確か写真集を出版されていました。

    Vesserありましたよね、ブギーのような外観でしたよね。そうなんですか、KT88とは凄いパワー管が入っていたんですね。私はもっぱらグヤトーン製を何台も持っておりましたがやっぱり電源トランスと出力トランスがプアーでどこか平面的でした。

  9. よすけ | URL | -

    Re: エフェクター自作ブーム

    >出力のバッファーが入るとok
    なんですよね~。ただ数台というのが。。。なんとかうまくいくよう試してみます。

    大音量、コンデンサ選定、ポイントtoポイント、パスコンNGがポイントですね。すでに外してるとこがありますがチューニングに時間かけてみます。深いっス!

    TrはNEC(2SA207,2SB264)、サンヨー(2sb303,405)が手持ちにありますので楽しみです。BluesJuniorと手持ちのストラトにあわせてチューニングですね。ここらへんが自作の醍醐味ですね~!

  10. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: エフェクター自作ブーム

    なるほど、B264なんて興味がありますね~B303も数値が低ければ良い音がしそうです。BluesJuniorとの組み合わせが楽しみです。
    100Pのセラコンはラジオ対策ですが私の場合VOODOO-VIBEでも拾いまくりのようです。フロントピックアップでも強く弾くだけでハーモニクスがビシバシ決まるFUZZって本当に気持ちが良いものですね~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/49-156901be
この記事へのトラックバック


最新記事