・床暖房は快適~

2017年12月12日 22:44

・今年は寒くなるのが早くて堪えますね、暑さにはめっぽう強くて夏バテや食欲減退なんて全く無縁ですが寒いのは大の苦手です。でも、一つだけ楽しいのは我が家は新築した際に都市ガスを使った発電と温水床暖房を取り入れたので床暖を入れたフロアに寝っころがるのが快感なのです。 10年前当時はオール電化一辺倒が普通でしたが私はガス炊飯器で炊くご飯と温水床暖房、メーターモジュールでの設計は絶対に譲れないところでしたしガスで発電して排熱で暖房というシステムもメカ好きにはなかなか魅力がありました。
IMG_8215.jpg

・エコウィルの本体はHONDA製の160cc4サイクルOHVエンジンを都市ガス燃料で2000rpmで運転して発電しています。10年間の保守点検契約内は時期が来たらメンテナンス会社の方が来てオイル交換やらパーツ交換を定期的にしてくれていました。2000回転のエンジン音は防音パネルのおかげでポッポッポッという低くて静かな音でした。
IMG_8220.jpg

・丁度10年が経ち契約も終わり風呂のミストサウナの熱源機など単価の大きなパーツの故障もあって良い時機だと思い5月に野外熱源機を含め新しいシステムに総とっかえの工事をしてもらいました。今度のはエネファームtypeSというもので、天然ガスを水素と酸素に分けて触媒に反応させて発電と排熱を暖房にというものです。発電能力は0.7kwと小さいのですが24時間ずっと発電して余った電気は売電するというシステムで今度はこれで10年間過ごせます。今度のは殆ど音がしないですね。
IMG_8221.jpg

・工事中の基盤の様子です。さっぱり分かりませんが面実装のケミコンは寿命がほぼ10年なので中々上手い事作ってますなぁ!10年経ったら色んなパーツが壊れだしてまた買い換えなんでしょうな!流石は大阪ガス商売上手です。エンジンが回ってジェネレーターコイルを回して発電というのは容易にイメージできますが今度のは良く解りません。うちの次男は”金属材料系”で大学院へ行くそうですが多分こういう系統なんでしょう。
IMG_8222.jpg

・床暖房の良いところは半日くらい家を空けるときでも出力を半分くらいにして掛けっぱなしで出かけても安全だし帰ってきてもポッカポカ。ファンヒーターのような臭いもエアコンの様に目もショボショボすることもありません。またオール電化の電熱床暖房みたいに低温やけどもないしランニングコストも低いです。半乾きの洗濯物は床に並べておくだけで2時間もあれば完全に乾きます。

これから家を建てる方は是非お勧めしますよ。ただ、断熱材は天井、壁内、特に床の断熱材は一番ランクの高い物を使うようお勧めします。結局、冷暖房の効率が断熱に安い物を使った場合と全然違ってくるためです。今は基礎の断熱も含めて高エネルギー住宅というのも出てきてこの先も進化して行くでしょう。
IMG_9410.jpg



コメント

  1. こうじ | URL | -

    Re:・床暖房は快適~

    いいなぁ。
    うちは電気がメインなんです。
    一応高圧ASの需要家で、昨今の電気料金は無茶苦茶高いですわ。

    ガスヒートポンプ、出だしの頃はエンジンがアイドリング状態で
    24時間回るってのが本当に大丈夫かいなって思っていました。
    今はかなり進歩したんですね。

    姉の家はオール電化ですが、あれはちょっとと思っています。
    キッチンのコンロは特にそう感じますねぇ。

    我が家も建てて20年が過ぎています。
    毎年メンテで100万ぐらいはかかっています。
    今度余裕のある時には屋内インフラをいろいろ検討したいです。

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・床暖房は快適~

    こうじさん、こんばんは。

    あれだけ大きな設備を稼働させるんですから高電圧設備が必要なんですね。
    オール電化のコンロはアメリカなんかではキャンピングカーや自家用船だけらしいですね。

    うちの場合は浴室サウナや乾燥、床暖房とフルで付けたのでガスの1㎥契約単価が最安値ランクなんです。電気代は夏のエアコンフル稼働月以外は殆ど発電でいける感じです。実は細かいコストや設備費用はあまり考えず、契約更新に来てくれた営業マンのことを気に入ったので「よっしゃ、持って来て」で換えてしまいました。ネットで稼働状況をモニターしてくれているのでもし故障しても直ぐに来てくれるそうです。

    一度冬の間に我が家にお二人で遊びにおいでください。ストラトもご持参で。足元ポッカポカは特に冷え性の女性には評判がいいですよ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/500-5b1fc613
この記事へのトラックバック


最新記事