FC2ブログ

・FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH CUSTOM ORDER HYDRA Part3 材料編

2019年01月24日 22:36

・3Sモード、シングルコイルのフロントにして’71 Marshallにインプットするとやっぱりあの人の曲が弾きたくなります。どんなギターをインプットしてもあの音にしか成らないという偉大なアンプ!今回はハムのギターという事もあってZEP永遠の~も、あの時のアンプも71年製なんですね。
freedom_hydra custom16

・ボディーバックをホンジュラスマホガニーにした一番の理由は単音で弾いた時の音の密度が断然高いからです。指板をバーズアイメイプルにしなかった理由は次にまたどこかの工房にオーダーするギターはきっとバーズアイの貼りメイプルになるのでは?と思ったからです(笑) アルダーボディのメイプル指板ストラトはもう素晴らしいのを2本も所有しているのでというのもありますが、いつもとは違った方向性でハイパーな1台を作ろうと思いました。

ダンカンストラトDS200R(ESP製造)は今まで所有したアルダーボディ、ローズ指板ストラトではベストの出来で材料、仕上がり共に素晴らしいものでした。そこで、当初はダンカンと同じホンジュラスローズの美しい杢が出た指板でと考えていましたがやっぱり最高峰の物を作ろうという事で倉庫の奥地から発掘してもらった秘蔵のハカランダ8枚とホンジュラス2枚、マダガスカル2枚、アマゾン2枚の中から1枚を選ばせてもらいました。材の事など素人には分かりませんが、ハカランダの8枚はどれもみなガラスのように硬く締まっており上質であるという事でしたので見た目の一番派手なのを選びました。

トップの杢はできるだけランダムでワイルドな杢が出ている物をリクエストして何枚かの中から選ばせてもらいました。所謂、整然とした規則的なチューブやバブル、地割れみたいなのは苦手でした。ブックマッチに割る前の画像でしたがどんなになるんだろうと?
maple_rosewood.jpg

・出来上がりは正に北極圏の夜空から降るオーロラの様な仕上がりで、左ツノ周辺の折り重なった杢なんかは何度眺めても見飽きないですね、素晴らしい木取りだと思います。トップのメイプルの厚みは5mmでバックのマホガニーが40mmです。エルボのところのカーブは熱で曲げていって貼るんだそうです。 フレットはアタックの発音が鮮やかでほとんど減ることの無いSPEEDです。
freedom_hydra custom17

・ピックアップはセンターにクリームを持って来たかったのでフロントとリアの配色をリバースで作って貰いました。COOLです!
ブリッジはVS100Nの強烈に伸びるサスティーン!ボディー平行フローティングですが本当にどこまでも伸びますね。アップダウン幅も大きくて動きが軽いですがベルハンマーのおかげもあって全く狂いません。飽きてきたらVG300に替えるかもしれませんが、、、ハタノブの指に掛かる感触が素晴らしいですね、マシンカットの絶妙な仕上がり面の美しさ!
freedom_hydra custom18

・蛇皮模様がハードロッカーの血をたぎらせます!が、Allan HoldsworthとJohn McLaughlinとFrank ZappaとJan Akkermanも大好きで入手可能なCDはほぼ全て頑張って揃えました。
freedom_hydra custom19

・LSRローラーナットにしたのは本当にスマッシュヒットだったと思います。開放弦と押弦のサウンド差が無くなります。このナットを選んだ人は以後すべてこれにする!というウワサがありますが、大いにうなずけました。もう、どう考えても極めて合理的!考えたアメリカの人は天才!金属加工の造形が美しいです。ペグはピカッと光らないクールな外観のニッケルメッキにしました。後ろでロックできるタイプで、2007年に自宅新築記念に購入したアメリカン・デラックスストラトキャスターにもこのペグがついていました。はて、さて、次はなんの記念で? 60歳に成ったら多分息子たちが物凄いカスタムメイドギターをプレゼントしてくれるハズ!?

Part 4はハンダバージンの掟を早くも破って既にサウンド改変してしまった様子をお届けします、、、
freedom_hydra custom20


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/532-a6388214
    この記事へのトラックバック


    最新記事