FC2ブログ

・FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH HYDRA 24F Part6 キャパシター 完結編

2019年02月08日 22:34

・パッシブピックアップに使うキャパシターはトーン、ボリュームフルであってもなんでこんなにサウンドが変化するのでしょうか? 登場するのが、アクティブ素子を持たない磁石とコイルの前を横切る磁性体(弦)によって発生したか細くも頼りない信号が対象だからで、こういう状態→極わずかな電圧の変化が発現しているだけで電流は本当に小さい→信号自体のハイインピーダンス領域に加えてパーツ間の静電容量も複雑に作用しての出来事だからです。信号は頼りないため、配線材、ハンダ、端子、キャパシター、ポット、外来ノイズなど色々な要素でも音が変化します。

ギターアンプのレストアや改造でお世話になっているのがノースカロライナ州のMojotone社。ここのマスタードレプリカキャパシターのサウンドは素晴らしいの一言です。いつも言っていますように、ギターの美味しいところ以外は出さずに擦れたハスキーなトーンを出してくれます。今回のヒヤリングでも絶品の擦れ具合でした。一説に、ココのキャパシターはドイツのTAD社のキャパシターと同じ製品なんだそうです。ドル建てで買うかユーロ建てで買うか?TADの方が他のパーツ類の品数があるので使い分けています。
feedom_hydra_capac_11.jpg

・最後が大枚はたいたジュピターコンデンサ0.022μF。これは高域の出方が頭一つ以上抜け出ていますね!デジマート地下実験室の評価通りのハイヌケ感でフロントPUフルハム時のアタックもハッキリと出ます高いだけのことはある。
feedom_hydra_capac_10.jpg

・というわけで、ヒヤリングの結果トーン用は歪みサウンド対決での決選投票へ。
ところで、極性の無いフィルムキャパシターやオイルペーパーキャパシターでも左右電極を繋ぎ変えると驚くほど音が変わるのを知っていますか? これはフイルムでもハーメチックシールドのオイルペーパーでも誘電体の巻きはじめ、巻き終わりでの電極接続に差が出るためで、オイルキャパシターでは特に顕著です。ギター用途では繋ぎ変えると音が前に出てくるように感じるのと、逆では少し引っ込むが広がり感は上といった感じに聞こえますどちらを選ぶかはお好みで。
feedom_hydra_capac_13.jpg

・2階の歪の得意なアンプ群で、、、久しぶりにVHTの45Wを弾きましたがこのアンプは本当に素晴らしいサウンドですね,ClassAではザクザク、ギャリギャリのアーシーでワイルドなトーン、ClassABではうって変わりモダンでシャープなサウンド。
feedom_hydra_capac_16.jpg

・結局は、新規購入したという事もありますがジュピターでしばらく行こうと決めて配線しました。ジュピター0.022では少し中抜けしてミッドが引っ込むのも今回の趣向に合いました。MOJOTONEはミッドハイが前に出て音も大きくなります。
feedom_hydra_capac_14.jpg

・ひょうたんからコマ~そうだ!と閃いて、SOLDANO-YAMAHA T50CのV2部分の丁度歪み発生回路のカップリング部分にMOJOTONEのキャパシタを移植しました。純正はイリノイキャパシターだったのを→フィリップスマスタード→MOJOTONEと変えてみました。
SOLDANO_YAMAHA_T50_MOJOTONE_CAPACITOR.jpg

・最後に、コントロールキャビティー内部とカバー裏のシールドをアース電位と切り離してアースから浮かせてトレモロハンガーのアースポイントをポットの裏面に変更しました。これでチリチリとしたエアー感溢れる倍音が出てきました。マホガニーが本来持っているミッドハイが充分に出ていると思います。これにてひとまず完成 さほどの費用もかけず色々と工夫することで自分好みのサウンドにすることができました。

大昔、ドータイトという導電塗料をピックアップキャビティ内に塗りアースと同電位にする改造が流行りましたが音が変わってしまうため苦手でした。同様に、3Sシングルのミドルを逆巻逆磁極のセットもハーフ時のエアー感が減り苦手です。エレキギターはキャビティー空間をシールディングする?しない?や、ピックガードの材質を変えるだけでも音が大きく変わります。エフェクターやギターアンプもケースの筐体の材質や大きさ、厚みで変化しますし、アンプではシャーシの音!という表現があるほどです。なにもチープな素材が悪いと言うのではなくそれぞれに固有の”音”が存在しますのでそれを使い分ければ良いと思います。

たとえばギターアンプのシャーシを鉄工所に頼んで鉄の3ミリ厚で曲げ加工で作ってもらったとします。それに穴開け加工などを済ませたのちメッキ屋でメッキ加工してもらう!メッキひとつとってもニッケルメッキ、クロームメッキ、無電解ニッケルメッキ、その他色々あってそれぞれに音も変化するので真に奥が深い世界なのであります。まぁ、アマチュアこそコストや時間の制限はないわけですからそういう所に拘って作れたら究極ですね!
feedom_hydra_capac_18.jpg



コメント

  1. | URL | -

    コイルタップ用のポットの抵抗値、カーブの種類を教えて頂けないでしょうか?

  2. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH HYDRA 24F Part6 キャパシター 完結編

    プッシュ、プッシュ2回路3接点スイッチ付き/実測値229kΩカーブは用途から考えてBなのではと思います。

  3. 78 | URL | -

    導電塗料の件、書かれていたんですね!
    見落としていました。
    メインのメキシコストラトもkckに乗せ替えて試した所求めていた音になりました!
    ありがとうごさいました!

  4. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:・FREEDOM CUSTOM GUITAR RESEARCH HYDRA 24F Part6 キャパシター 完結編

    導電塗料を始めて試したのは80年代の初めの頃、player spacialに載っていた記事をみてドータイトを使いました。ノイズと同時にエアー感は減るので難しいところですね。

    私のfender lite ash telecasterはリンディーフレーリンピックアップに交換した後色々と試した結果、79年ストラトについていたサークルdセラミックキャパシターに交換してあります。これも、またお好みでこの先色々と付け替えると思っています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/535-c5ccf703
この記事へのトラックバック


最新記事