Fuzz Face '69 Mod コンデンサーチューン

2009年03月10日 17:23

こんにちは、明日から日曜祭日も休みなしの日程が続きますので今日は内勤業務の日にあてました。

FUZZのシリコン3号機を作る前にケースの穴あけ寸法やパネルの印刷シートのファイルを整理しました。同じケースで5つノブで作られる方が居られましたらココにアップしましたので参考になれば幸いです。イラストレイターでレイヤーを3つに分けていますので名前や写真を入れ替えるとオリジナルパネルの出来上がりです。(上記図面のスイッチ位置では電池の外周にビニールテープを1周巻くだけで電池本体をケースの壁とスイッチの筐体の間にピッタリ固定が可能です)

きのう、ベンチプレスを怪獣になったつもりで130キロでガッツンガッツンやり終えて、家族の居ない隙にマーシャル爆音でコンデンサーインプレッションを行いました。予想以上に22μの銘柄と容量の違いがかなり顕著に現れました。

それでは先ず、インプレッション時の条件は、
・フェンダーストラトキャスター'79&'07 全てのPUポジション
・Marshall JCM800 ALBIT mod 100W クランチチャンネルゲイン3 電源電圧120V,プレート電圧458V,プレート電流39mA
・Tr1コレクター電流を可変式に(少し多めに流す)
・NKT275 2本使用
・シールドケーブル ベルデン8412方向性仕様
ファズツマミは、、、この位置で。
conden2.jpg

今回は全て晩ご飯後に試しましたので空腹による誤作動は無いかなと思います。
入力側Cは使い慣れたセラファインの50V2.2μに固定しましたが、2つとも同銘柄にすると傾向がより顕著になると思いますよ。

各コンデンサー共に同じフレーズ、フォクシーレディーのワイト島バージョンで比べてみました。低音弦リフのピッキングニュアンス、開放を含むソロ、ハイポジF#展開時の倍音、Gボリュームを6フロントでのキレ具合などを短時間で試しメモ用紙に印象をパッパッと書いていきます。あまり長々やると耳がバカになるので短いインタバルで弾き比べました。
conden1.jpg

1)東信工業 25V22μ 
 ・ミッドレンジ強し、高域の上のほう、低域の下のほうがストンと切れ落ちている。
 ・実音が強く解像度は良い
 ・低音弦の低域がタイトで切れが良い。PAF系ハムに合いそうな印象。

2)ニチコンMUSE 25V22μ無極性
 ・ミッドレンジが充実、実音が強い印象。
 ・派手な倍音は少なめだがバランスは良し。
 ・低音弦のローレンジもタイトでおいしい。

3)ニチコン FineGold 35V22μ
 ・ゲインがアップしたような印象。
 ・倍音も豊富(倍音の主帯域がセラファインよりややミッド寄り)
 ・実音域ではセラファインの超高域を削り、逆にミッドをプラスした感じ。
 ・ローからハイまでバランスが良く美味しい帯域を表現。

4)ELNA セラファイン 25V22μ(エージングなし)ブラック
 ・50Vに比べ上から下まで非常におとなしい印象。 
 ・セラファインの新品でのキレの無さがそのままでている→エージングで解消か?

5)ELNA セラファイン 50V22μ(エージングなし)ブラック
 ・エージング無しだが25Vに比べて高域、低域共にハデ、特に25Vに比べてローが強い印象。
 ・ローエンドの締まり良し。エージングでさらに良くなるか?

6)ELNA セラファイン 50V22μ(1年間ほぼ毎日使用)レッド
 ・4と比べ笑ってしまうほど派手な音、ミッドレンジがスコンと抜け落ち、ドンシャリ。
 ・フロントピックアップで大音量時のローエンドの凄み、派手な倍音は独特。
 ・実音より倍音が強い。
 ・5と比べて中高域が強く全体のゲインが上がったような印象。

7)ELNA セラファイン 50V33μ/10μ/14.7μ(エージングなし)
 ・当然容量が上がるとハイパスのカットオフフリーケンシーが下がるためブーミーに。
 ・10μだとハムバッカーでの切れが向上しそうなサウンド。
 ・10と4.7パラレルで試しましたが10単独とあまり変わらず。
 ・22以下では低域が削られていくため高hfeゲルマのキレの向上、ブーミー対策にgood.

以上、駆け足ではありますが主観でございます。本当はソケットやスイッチの接点はできるだけ避けたいところですが、コレだけサウンドのバリエーションが顕著に変化するとやっぱり色々と季節で着替えて楽しみたいと思うのが人情でしょう!

皆さんもぜひオリジナルなマシーンを作り上げてみてください。今回の2号機ではワイト島のフォクシーレディーでの間奏部分でbbc放送が絡むというのを再現するため、あえて高周波(ラジオ対策)パスコンをつけませんでしたがこれがまた強烈に北京放送やら英語の放送やらワンサカ入ります!感度良好ですね、ためしに適当なセラミックコンデンサを入力からアースに落とすと当たり前ですが全く混信がなくなります。2パイCR分の1で可聴域にかからないようにすれば容量は何でもOKです。

ところでJAKEさんに送っていただいたゲルマのうち物凄く良い組み合わせが(特に2SB264で)4組もできました。これを使ってワイト島を真似て北京語混信バージョンの動画を撮る予定です。

長い間放置が続いていますアンプのコーナーの続きも写真が沢山。ライブ アット フィルモアイーストでのオクタビアサウンドモノマネ用のパーツも放置状態で、、、
でも健全な趣味ですね~これは本当に楽しいですね、夜、一杯やりながらフェンダーのアンプを絞って
弾くのが最高なんですよね、Mojo Soundです。
parts1.jpg




コメント

  1. よすけ | URL | -

    Re: Fuzz Face '69 Mod コンデンサーチューン

    こんばんは~。コンデンサの記事参考になりました。ちょっと色々仕入れて見ます。
    2SB264は私も持ってますがHfe100以下のやつが無かったのでQ2でしか試してないのですがお話伺うとQ1でも試して見たくなりました~。

  2. JAKE(白帯) | URL | z8Ev11P6

    Re: Fuzz Face '69 Mod コンデンサーチューン

    お電話させていただきましたが、、改めまして、本当にいろいろとにありがとうございました!

    頂いたオシロスコープが使いこなせるように、がんばろうと思います。
    お借りした本も、早速スキャン開始しました。しばらく貸してください。

    今回の記事も、とても参考になる内容ですね!セラファインは、入手が困難ですが、お世話いただきありがとうございました。ファインゴールドが使えそうということですので、次回部品発注する際に2~3個買って試してみようと思います。

    FUZZは部品は少ないですが、トランジスタとコンデンサーの選別組み合わせで、結構楽しめますね!

  3. ニャロメ | URL | 1.b4PuJs

    Re: Fuzz Face '69 Mod コンデンサーチューン

    v-283 オコンニチワ !! 、Castmanさん。

    イヤァ~、Castmanさん、エリック・ジョンソン名人並みの凄い耳をお持ちですね~。
    本当に感服致しております。(土下座)

    オクタビアもピッキングの強弱によって掛かったり掛からなくなったりで、
    面白い飛び道具系のエフェクターですね~。v-410

    ニャロメはアンプにも大変興味がありますので、
    その内ディープなお話も宜しくお願いします。 v-428

  4. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: Fuzz Face '69 Mod コンデンサーチューン

    よすけさん、こんばんは。
    色々と聞き合わせしてみて下さいね!少し大きめの音で、全く同じフレーズを3パターンくらいを30秒以内で判定してすぐさま印象を書いていくと違いが良くわかると思いますよ!コツは帯域のピークがどこにあるか?第一印象で感じてみますと本当に違いが大きいな~と思いました。

    トランジスタはQ2ではあまり差が出ませんがQ1だと個性が良くわかりました。2SB264は国産のゲルマではサウンドも品質もベストではないかと思います。Q1もコレクターからエミッターへと流れる電流を変えてみるとコンプレッションの感じが大きく変わりました。Q2トリマとの兼ね合いもありますがこのあたりの調整の仕方のコツを少し、、、

    本来は温度変化で飽和しないように動作点を動かすためのモノですが、真空管のプレート電流を変えますと音色も変化するのと同様にかなりのサウンド変化があります。

    フルゲインでは頭の潰れ方しかわかりませんので、ファズのツマミを少し下げて、ギターのボリュームを5から7くらいを行ったり来たりしてフロントピックアップで巻き弦3本を使ってローポジでリフなどを弾いてアタック直後の艶や弦を指で擦ったときのノイズの音色などで比べると非常に違いが聞き分けられますのでお試しを~

  5. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: Fuzz Face '69 Mod コンデンサーチューン

    JAKEさん、こんばんは~
    お役に立てて良かったです!こちらこそ、2SB264の凄いのをありがとうございました!参考書は半年でも一年でも急ぎませんので~。

    セラファインは云わばイバラおばちゃんの作る69ピックアップと似たキャラクターでしょう!

    ファインゴールドも今回初めて知りましたが
    思わぬ大収穫でした、現行品ですしね~
    他にも良いのがきっとあるはずですのでまた教えてくださいね!

  6. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: Fuzz Face '69 Mod コンデンサーチューン

    ニャロメさん、こんばんは~

    聞き合わせチューンは昔、オーディオアンプの自作でソプラノ、バイオリン、チェロなんかのソースでやったことがありましたが今回のファズはもっと分かりやすく変化しました。只、感じを文字にするのが難しいですわ~。

    アンプもやりますか!アンプは楽器ですよねー、そしてアンプは電源なんだと思います。マーシャルでも50wだと電源トランスも出力トランスもプレート電圧もみな小さくてHENDRIX独特の暴れた感じが薄れるんです~

    話は変わりますが昔、オーディオアンプでNECからA-10というのがでましたが電源が超強力でしてわたしは今これの程度の良い物を探しているんですよ~

    オクタビア、そうなんですか~安定させるのは難しそうですが楽しみです。

  7. ごり | URL | -

    Re: Fuzz Face '69 Mod コンデンサーチューン

    こんばんは。

    TS-9のモディファイ用に80年代のELNA製のモノがよいと聞いて調達したコトがあります。(50V、1μFのバイポーラ)

    今は、電池の+と-をひっくり返すだけで、NPNとPNPを変えられるように、両極性のモノ(ニチコンの)を使ってますが、いずれ試してみたいです。

    Q1トリマーは前段用に良いとされるHFE80前後のモノがなかなかないので、導入してみたいです。

    いつもアイデアをお借りするばかりですので、私ももっと電気関連の勉強をせねば・・・と痛感しております。



  8. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: Fuzz Face '69 Mod コンデンサーチューン

    ごりさん、こんばんは~。
    わたしも80年代にエフェクターやオーディオ用品をいっぱい自作していたときにELNAを知ったんですよー、今回はファインゴールドも凄く良くて新たな発見にニンマリでした。

    先日、PNPのシリコンもたくさん買いました。ネット上のデーターシートを眺めていると中々閃くのがあったので今度の3号機はシリコンでやってみますね。

    Q1トリマはこれから夏に向かうのでわたしも10キロ~100キロ可変にしてB348やB404など夏が苦手な奴を試そうと思っています。ココの配線は固定抵抗との直列です、配線を引き回すと発振やノイズが乗る可能性があるので基板実装がベストです。コレクタの負荷をあまり重くすると音が薄くなるので実際の定数はヒヤリングとカットandトライがいるかと思われます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/61-2dbd0df8
この記事へのトラックバック


最新記事