趣味は試奏です

2009年03月17日 23:55

昼休みに立ち寄った楽器屋さんでヴァンザントのストラトとフェンダーブルースジュニア、ツインリバーブリイシューを試奏してきました。、、、
CA370098.jpg

これで何本目かは忘れましたがいつもどの楽器屋さんでもヴァンザントのギターはちょっと違うオーラを発しています。木工の造りがとても丁寧です。フレットのエッジの処理やネックの仕込み部分などツウを唸らせるのではないでしょうか。サウンドは正しくビンテージしている感じでヒジョ~に繊細に感じます。タッチの差がそのまま出る感じ、フェンダーがガサツで大雑把なパワー感があるのとは好対照で、ピックアップはとてもナチュラルでミッドのやや下辺りにピークを感じます。リンディーの派手さや80年台ダンカンのじゃじゃ馬振りとも対極、少しナチュラルにすぎると感じるのでアンプはうちのマーシャルのように暴れまくる奴で試してみたいと感じました。ツインリバーブリイシューでクリーンで弾いてみましたがヒジョーに太くスクリーミーな味わい深いサウンド、上品なローミッドに美味しいミッドハイ部分が絶妙に絡みます。他店でも感じたことですがヴァンザントのpuは深く歪ませるよりもクリーン~クランチで本領を発揮すると感じました。(残念なことにこの個体はネックが反っていました)

CA370097.jpg

ブルースジュニアですが横にあったツインリバーブリイシューよりも音が前に飛んできます。帰ってから回路図を見て納得しましたがプリ部3段増幅なので赤ノブのようには歪みません。その代わりマスターを上げていって歪ませるタイプです。実際、マスターが2とか3だとプリ部のゲインを12まで上げても赤ノブのゲイン4くらいの歪です。ところがマスターを6とか7とかから上が非常に美味しいゾーンです。さすがに店員さんが飛んできましたが、、、パワー部の6BQ8は昔懐かしい家具調ステレオセットの終段によく使われていたMT管タイプの5極管です。入力を飽和させるとコンプレッション感の強いギュッと圧縮されたようなサウンドが特徴です。もう少しバイアスを深めにした方が早い地点から歪むような気がします。(赤ノブでは逆に少し浅めのバイアスの方が良い音がします)シカゴスタイルのアーバンブルースを6BQ8をドライブさせてスゥイートなサスティーンを出すには最高のアンプのように感じました。FATスイッチというボタンがありました、なるほどファットします(^<^)、これも中々いいですね~ わたしなら初段のすぐ後ろに12AX7を1本追加して2ステージ増設しても良いな~でもその場合は位相反転段のゲインを調整の必要もあるかなと、、、アンプは楽器です!菊水丸楽団、石田先生の100万円のギターを1万円のアンプで鳴らすより、1万円のギターを材料に100万円かけたアンプで鳴らすほうが遥かに良い音がします。Dr.ZやBADCAT,BOGNER、スプライン、一体どういう発想であのような素晴らしいサウンドを生み出しているんだろうと、、、これらのアンプを試奏して1発目に出てくるあの音に、悲しいですが日本人には真似ができないナ~


コメント

  1. ニャロメ | URL | 1.b4PuJs

    ヴァンザント !! (=^ェ^=)v

    v-283 オコンニチワ !! 、Castmanさん。

    ニャロメはヴァンザントのファンなんです。
    決して派手なメーカーではありませんが、
    良いギターを世に送り出していますよね~。
    ヴィンストっぽい太いトーンが堪らなく好きです。v-410

  2. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: 趣味は試奏です

    ニャロメさんこんばんわ!

    ヴァンザント凄く良いメーカーですねー造りがわたしのとは桁が2つくらい精確!な気がしますよ!わたしの79年は隙間がぁぁ~大きいです!テキトーな作業なんです。前にヴァンのラージモデルを試奏しましたがフェンダーの'69みたいには暴れないでシットリおしとやかでビックリしました。

  3. よすけ | URL | -

    Re: 趣味は試奏です

    BluesJunior試奏されたんですね。確かにシングルの低出力PUだと軽めのドライブぐらいまでなのでもう数段欲しいって感じですよね。12AX7の1素子が使われてないのでそこを使って何とかできないか妄想しております。

  4. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: 趣味は試奏です

    よすけさんこんばんは、

    そうなんですか、1段未使用なんですね。おそらく1段載せるだけではゲインはそれほど上がらないかもですよ~6BQ8使用例の多段チャンネルスイッチングアンプのプリ部の定数を調べまくるのも手ですね、クラシック30とかはマスターまでのステージでかなりゲインを稼いでいます。ただ、6L6やEL34と違い終段の動作が軽いので赤ノブや改造マーシャル方式が必ずしも当てはまるかは不明です。6V6以上のGT管とはサウンドそのものが違いますので慎重に検証実験なさってくださいね~

  5. ごり | URL | 9zOzYU0I

    Re: 趣味は試奏です

    こんばんは。

    VANZANNDいいですよね。
    工法はヴィンテージ的で、引きごごちとかはモダンな感じがします。PUはTRUE VINTAGEとか、VINTAGE PLUSはややおとなしい感じですね。おそらくFENDERの69に相当するROCKというPUを試してみたいです。

    ネックポケットまわりのタイトさとか作りも丁寧ですね、ただ、「すべてのパーツは交換可能でなければならない」というレオ・フェンダーの理念にそって言えば、あの部分はあまりタイトにするより、多少余裕を見るのが正解という意見もありますね。

    >1万円のギターを材料に100万円かけたアンプで鳴らすほうが遥かに良い音がします。

    いま思うと学生時代のバンド仲間も、みんなギターはトーカイやグレコやアリアプロの5~6万くらいのものでしたが、アンプはJCM800とか、ハイワットとか、ブギーコラシアム300とか・・・ソルダーノとか・・・お金かけてましたね~

  6. JAKE(白帯) | URL | z8Ev11P6

    またまた参考になります!

    Castman師範の記事を拝見していると、真空管アンプいじってみたくなりますョ~。

    バイブロチャンプくらいの、小さめのアンプが欲しいです。

    師範がお持ちのストラトは、私のと同じ'79製なんですね~色違いのお揃い、、うれしいです。
    私のストラト、音、気に入っています。

    ネックポケットの加工精度は悪いのが普通で、この部分はあまり問題ないと、長年TOK●Iでギター作っていたリペアマンの方が言っていましたのでご安心ください。

    師範がお持ちの赤ノブのツインは、扱いやすくて、、エフェクター無しでもすごくいい音がするので大好きなアンプです。確かポール・リベラさんの設計ですよね。
    黒パネのスーパーチャンプだとか、リベラデザインの小型アンプ、試してみたいですね~。

  7. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: 趣味は試奏です

    ごりさん、どうもこんばんわです。
    実は中古のpuをデジタルテスターで測ったことがあるのですがTRUE VINTAGEが6kオームだったのに対しfender'69は5.5kオーム台でまき数はぐんと少ない感じでした。カバーも外しましたがコイルもタイトにきつく少なめにまかれている感じがしました。

    アビゲイルおばちゃんの仕事ですね!puはきつく巻くとサウンドもタイトに、ゆるく巻くとファットになるようです。わたしのカスタムショップ製のpuは5.5~5.6kオーム台です。エージング処理を自分でしてあり、マグネットを半田ごてで加熱→磁力が弱く。コイル自体にルーターで強い振動を与える→巻きをルーズに。
    という強制経年変化を加えてあります。

    オールドのギターもかなりの数お試し弾きをお願いしましたが、アベレイジ(使い込んだボロ)ほどメロウでミント(新同)ほどブライトです、わたしの強制経年処理はかなり太いサウンドです。断線の危険があるのでお勧めはできませんです。(^^♪

  8. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: 趣味は試奏です

    JAKEさん、こんばんわ!

    今度DC470ボルトに感電したときの水ぶくれ写真をお見せしますね!
    79年のホワイトですが今は黄色っぽいです!高2の時中央市場のバイトでやっと買ったものですのでこれと数個のエフェクターのみ残してあとはぜ~んぶ売ってしまいました!
    ゴツイネックはただの一度も反りませんでした(^ム^)もうフレットを変えないと駄目なんです。

    リベラのパブスターを試したことがありますがはっきり云いましてコストダウンの影響がありありでして80年代の仕事とは大違いの印象でした。もっと上位モデルではそうでもないと思いますが、、、赤ノブはトランス類が凄いのでやっぱり凄く良いサウンドです。マーシャルと並べて鳴らすと良くわかるのですが応答性はマーシャルよりも速いんですよ!ビックリです。あと、中古で6万くらいで買えるのも大きな魅力ですよね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/63-800ddada
この記事へのトラックバック


最新記事