今日はOD-1でVAN HALEN

2009年03月19日 21:35

今日久々にOD-1でオペアンプ差し替え大会をしてみました。
このOD-1を買ったきっかけですがギターマガジンの創刊号内のコラムに、山下達郎氏のバックを務めていた椎名和夫氏の詳しい解説が載っていました。どうやら椎名氏はどこかの電子工学科を卒業されたらしくかなり電気少年にはぐっと来るようなことが書かれていました。

当時の私は練習スタジオにあるジャズコーラスが使いこなせずキンキンジャキジャキが自分のヘタッピー具合をさらに加速するのでヒジョーニ困っておりました。椎名氏がこれはモコモコするのでストラトとの相性が~というのに感化され使い始めました。などほどうまい具合に誤魔化しが効きます!

ところが1日8時間以上の練習で少しは上手になってくるとこのモコモコがなんとも鼻についてきたため自分好みのサウンドに徐々にしていったという経過なんです。
当時はインターネットの情報なんて無いので本当に徐々に変えて変えて行ったようです(改造歴を書いているのは後で役立ちますナー)
さらに、90年代の終わり頃だったと思いますが、電源電圧を上げて帰還抵抗を切るスイッチやダイオードを切り替えるスイッチをつけたりしました。
odm.jpg


きょうは、久々にいろんなオペアンプを抜きつ挿しつ弾いてみましたが、OD-1とはかけ離れたエゲツナイサウンドに改めてビックリしました。
面白かったのは同じJRC4558でも艶有り無しで違うのは当然ですが同一ロットの艶無しでドエライ抜けと倍音のがありこれが今日のチャンピォンです。たしかに艶ありはミッドのチョイ上辺りの倍音がヒジョーに綺麗でした。テキサスの072はハムバッカー向き。RC4558はJOSE MODのようなミッドレンジの太さ。4560は4558に低域を足した感じ。よく歪むという点ではJRC4558がどの個体も一番でした。
結局20年近く前から自分の好きなサウンド傾向は変わっていないな~と妙に納得した1日でした。OD-1なのにストラトのフロントでギャリィィ~ンという音がします!エディーのタッピングで倍音が出まくり思った以上にこのサウンドが良かったのでこれを今流行のいろんなMODを加えて作り変えることにしました。
opa.jpg


コメント

  1. ごり | URL | 9zOzYU0I

    Re: 今日はOD-1でVAN HALEN

    こんばんは~

    ODのMODもかなり本格的ですね・・・

    TS-9のMODとかでも、JRC4558・・・ツヤあり4桁(数字のみの)がよいとされてますが、頭が0(1980年製)のは初めて見ました。これがもともとOD1についていたものですね。きっと・・・

    >同一ロットの艶無しでドエライ抜けと倍音のがあり・・・

    やはり個体差はあるのですね・・・今や83年くらいまでのツヤありもなかなか流通量がないようですので、ツヤなしで当りの個体をさがすのも面白いかなと・・・

    参考になりました。ありがとうございます。

  2. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: 今日はOD-1でVAN HALEN

    ごりさん、どうもこんばんわです~

    この4558は81年に買ったOD-1の物なんです。工業製品ですのでバラつきはかなりあると思いますよ~私は自分の耳で確かめて全て判断しますので昔、オペアンプが出たころは4558も高くて200円位していましたが製作時にはいつも複数個買ってから差し替えていました。艶ありは80年代の初期にビデオデッキやオーディオ製品の基盤に大量に使われていましたのでジャンク基板からいくつでもサルベージ可能だと思いますよ!(例、ハードオフなんかの80年代と思われるジャンク家電のオーディオ部分の基板ハーネス等など)。でも私の今持っている中では艶無しの中の1個が最高でした。

    80年代の最初の頃、テキサスやレイセオンのオペアンプは高かったため国産のJRC、東芝、三菱、NECのオペアンプを使って歪モノを数個作りました。一番良い音だったのは、、、JRC艶ありでも東芝でもなく、NECの4558互換のものでした。私が加入させてもらっていたバンドのリーダーが持っていたOD-1は発売時のものでしてオペアンプはNECの物が使われていました。これと私のを弾き比べた記事をギター雑誌に載せてもらったことがありましたが別次元のサウンドでしたよ~

  3. JAKE | URL | z8Ev11P6

    Re: 今日はOD-1でVAN HALEN

    OD-1は、2回買いましたが、一番最初の頃のLEDが踏んだときだけ光るタイプの物は音が良かったですね!

    オペアンプはデュアルではなくて、クワッドだそうです。

    詳しく解説しているサイト発見しました!
    http://www.tcgakki.com/fair/03_11.html

    クワッドのMC3403Nはまだ入手可能みたいなので、いつかオーバードライブ作ってみたいです。

  4. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: 今日はOD-1でVAN HALEN

    なるほど、そうでしたか私が試奏したタイプはセカンドエディションのNECだったんですね。

    わたしのOD-1はロットナンバーが9900とスタンプされていました。

    久々にOD-1を引っ張り出してマーシャルで鳴らしましたが、やっぱりクリッパーが入るとハードですね。トランジスタのファズに比べるとオペアンプ+クリッパーですと先ず、ダイナミックレンジが圧倒的に狭く感じます。ここら辺は電源をプラスマイナス両電源で18V動作にしてクリッパーをゲルマとシリコン、LED切替にすれば面白いと思いました。それと、音質面ではお腹にゴンゴン響くような低域が無いですね~同じボスでもオペアンプを使わない完全ディスクリートのOD-2や特にDS-2は低域が締まって良く出ました。OD-1はピッキングのアタックが揃うので扱いやすいのはこちらの方ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/65-56204311
この記事へのトラックバック


最新記事