ギターアンプのスピーカーケーブル

2009年03月31日 21:13

冒頭から話が飛びますが、そろそろ暖かくなってきてゲルマのfuzz face '69クローンの飽和感が増えてきました今までと同じアタックのキラキラを確保するにはTr2トリムを9時くらいまで絞ってみてください。見事にキリッと暴れてくれます。

さて、週末にやってくる予定の'71年製Marshall 1959 100W アンプのためのスピーカーケーブルを作りました。スピーカーケーブルは今までオーディオ用途で色々と試しましたが条件としては、
・サウンドが良い(良い悪いというより自分好みの音がでるか?)
・安価でどこででも入手可能(1m数千円とか高いのは選ばず、安い中から良いものを選ぶ)
というコンセプトです。

・上がモンスターケーブルTHX 16 SP (少し細いです、グレード的にも普及品クラス)
・下がオーディオテクニカAT6158 (太くて立派です、これも安くてどこでも売ってます)
cable.jpg

オーディオテクニカAT6158はかなり太くてジャックに入りませんのでジャックの筐体穴をルーターで広げます。おまけに芯線も太いのでハンダ付け後に余分な箇所をこれもルーターで削ります。
odt1.jpg

・判定方法は,,,
クランチセッティングのフロントピックアップで6本の弦を全部使って弱いピッキングでB-A-G-Eとスライドさせてみます。弱いピッキングですと音域のどの帯域が一番出ているかがとても分かりやすく、スライドさせたときの音では倍音成分の出方が一目瞭然でよく聞き分けられます。

FUZZをONで今度もすこし弱めでBmのスケールランや2弦3弦のダブルノートチョーキングなんかでアタックの出方ボケ方、普通にピッキングしてのハーモニクスの大小等をで判定します。jimiがよくやるEの開放ランで艶の有る無し、大小を聞き分けていきます。


それでサウンドの方は,,,
モンスターケーブルTHX 16 SP
見事に暴れてくれます、感じとしては低域が良くしまっていてFUZZではゴンゴン良い感じで響きます。高域もクランチ、FUZZともによく暴れてくれます。もちろん暴れるというのとピーキーというのは全く違っていて肌で感じる美味しい高域という感じです。ミッドがやや引っ込んでいるためスッキリした印象。4発キャビでは非常に美味しい低域。

オーディオテクニカAT6158
ミッドレンジにピークがあってハリのあるサウンドです。強いミッドにマスクされるような感じで高域や倍音成分は随分控えめ、パワー感があるのでゲインが上がったような感じがします。FUZZではやはりミッドが強く前に出てオールドマーシャルをフルアップさせたような感じ。太いです。新しくてピーキーなスピーカーや単発キャビにはこの方があうでしょう。

ベルデン9497(オレンジ色と黒のシマシマ模様)
これは以前試しましたがミッド中心でおとなしく好みではないため換えてしまいました。しかし、少しピーキーな傾向のコンボアンプなどではかなり威力を発揮するなと感じました。jimiをやるには正反対の方向性です。

上記2機種で散々弾き比べをしましたがどちらも特徴があって良いのです。しまいに耳がバカになってきたのでしばらく休憩しましたがやっぱり今までのモンスターに決めました。決め手はクランチの時のサウンドです。1970年5月30日バークレイでのHear My Train A Comin' のイントロに入る前に、jimiがお客さんに話しかけながらフロントピックアップでオブリガードの応酬をしているのですがこの時のフレーズとサウンドを再現してみて圧倒的に似ていたのが"モンスターケーブルTHX 16 SP"でした。(このフレーズは私もyou tubeのゲルマファズ動画でやってます)

やっぱりCastman Hendrix Soundなわけですからエフェクターのパーツも真空管のセッティングもケーブルコードの種類もいかにhendrixのサウンドが出せるか!というヒジョーに偏りつつも分かりやすく楽しいコンセプトで今後もやっていけたらナ~と思う今日この頃です。

安いけれどhendrixサウンドがでます。
monster.jpg
他にも良いケーブルがあると思いますので又教えてくださいね。


コメント

  1. ニャロメ | URL | 1.b4PuJs

    Re: ギターアンプのスピーカーケーブル

    v-283 オコンニチワ !!、Castmanさん。

    やっぱりシールドにも気を使った方が良いですよね~。
    Castmanさんが仰る通りで、
    自分の好みの音を出してくれるシールドを見つけるのが一番ですね。 v-410
    そのシールドに出会うまでは、
    かなりのお金を費やしてしまいますけれども。(大汗) v-404

    それにしましてもCastmanさんの耳の良さには感服いたします。
    まるでエリック・ジョンソン博士並の耳をお持ちです。 v-410

    それからダンブルのクリーンサウンドのモデリングの音は、
    ニャロメの場合はVOXのTONELAB-LEの音が好みでしたので、
    そちらの音を使用しています。v-426

    余談ではありますが、ニャロメが大尊敬しております、
    キーボードプレイヤーの動画を載せさせて頂きました。
    あのジミー・スミス御大の愛弟子さんで、
    寒川敏彦(かんかわ・としひこ)さんと言う方です。
    またの名を(Blue・Smith)と申します。(笑)
    詳しい事は3月29日付のよすけさんのブログでコメントさせて頂いておりますので、
    そちらを参照して頂ければ幸いに存じます。

    宜しかったら、URLをポチッて下さいませ。

    それではまた~ v-429 v-410

  2. JAKE(白帯) | URL | z8Ev11P6

    Re: ギターアンプのスピーカーケーブル

    スピーカーケーブルって、結構音が変わるようですね!

    新兵器の到着が楽しみです!

  3. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: ギターアンプのスピーカーケーブル

    v-290Oh~ニャロメ様、お褒め頂き光栄です!エリックジョンソンさんがなんでfuzzfaceを使うか疑問でしたが大当たりのfuzzfaceはクリッピングダイオードを使わない分ホントに素晴らしい枯れ方をするんですね~JAKEさんmadeの名機が楽しみですね~

    VOXエフェクトのご紹介ありがとうございます、試奏マンの楽しみが又一つ増えましたです。試奏時はお店の迷惑にならないように10分以内で音量も他のお客さんの迷惑にならないようにしています。(家のほうが音が大きい)

    そして、素晴らしいプレーヤのご紹介も感謝です!えっ日本人の方なんですね!風貌も鍵盤タッチもアメリカンです!ドラマーのシンバルバックショットもかっこいいですね。
    私もお礼に、このバンドのURLをポちっと。ここのバンドのギタリストとベーシストは家も近所で高校もお隣です、お年は私よりも5つ6つ上ですが、、、

  4. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: ギターアンプのスピーカーケーブル

    Oh~JAKE様、マーシャルキャビ内部の配線はモンスターだとセレッションのG-12-75がけば立ちすぎてテクニカの方がよかったです。
    今度はどうなるかなといったところです。

  5. ニャロメ | URL | 1.b4PuJs

    ストライクゾーン、ど真ん中です !! (笑)

    v-283 オコンニチワ !! 、Castmanさん。

    浪速エキスプレスはとっても大好きですよ。 v-410

    ニャロメはドラムもプレイしますが、
    東原力哉 大名人とデニス・チェンバース大名人のお二方は、
    ニャロメのドラムのご本尊として奉っております。(笑) v-421 v-410

    浪速エキスプレスのメンバーの方は、
    Castmanさんのご近所にお住まいなんですね~。 v-411

    JAKEさんMADEのJAKEs・FUZZの到着がとても楽しみです。 v-411

    それではまた~  v-429 v-410

  6. ニャロメ | URL | 1.b4PuJs

    ダンブル・クリーンサウンドのモデリングです。

    Castmanさん、連投で申し訳ありません。

    ダンブルのクリーン・サウンドの、
    モデリングのデモ動画のURLを載せさせて頂きました。

    デモンストレイターのギタリストがVOXのアンプを操作しておりますが、
    このアンプはVOX TONELAB-LEとまったく同じ物を、
    単純にアンプに組み込んだ物です。
    ニャロメもまったく同じアンプを所有しておりますので、間違いありません。v-426

    動画の最初の部分で演奏されている音が、
    ダンブルのクリーン・サウンドのモデリングの音です。 v-410

    そしてこのギタリストがデヴィット・シュパーンさんと言う方で、
    テキサス州はオースティン出身のギタリストです。
    同郷のエリック・ジョンソン博士にに勝るとも劣らない、
    凄腕のギタリストですよ~。 v-426 v-424 v-410

  7. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: ギターアンプのスピーカーケーブル

    オ~e-349ニャロメさんはドラムもプレイできるんですかぁ~
    凄いです、どんなにギターがギューンとやってもドラムのバスドラ1発には勝てませんから!

    VOXモデリングアンプ凄いですね、心斎橋の三木でAC30を試奏しましたがウエットなイギリストーンが素晴らしかったです。このモデリングの動画も凄いですね、歪はちょっと作ってぽいですがクリーンのモジュレーション系が絶品ですね!良いアンプをお持ちなんですね。それにしてもニャロメさんの造詣の深さにいつもながら感服しております。

    NANIWAのおっちゃん(ギタリスト、ベーシスト)達は8歳上でした。ベースのおじちゃんはお医者さんの息子さんです。ギターのオッチャンは私の先輩の知り合いでしてディープパープル、ツエッペリン命だったそうでその先輩は正座をさせられてギターを聞かされ災難だったと言ってました。ご実家はどちらも和歌山市ですよ~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/71-032dafe2
この記事へのトラックバック


最新記事