'71年製 Marshall Super Lead 100W

2009年04月03日 01:03

やってきました、ついに1971年のオールドマーシャルです。hendrixが使っていたのと同じ部品と回路です。ごっつぃツアーケースに入って。
1971JMP22.jpg

前々からいつかは絶対71年製!良く歪んでヌケが良く、ミッドの艶、低域の凄み!でマニアでは評判ですがとてもじゃないが手が出る価格ではありません。ところが改造品は入札の競合が少ないので3分の1近い安値で買えました。私はどんな物でもオリジナルにはこだわらず自分の好みに変えてしまいますので改造品や難有り故障品は大歓迎です。
1971JMP11.jpg


1980年代の中ごろだったと思いますが、アメ村のフォーライフさんがアメリカから大量にビンテージマーシャルを輸入し、2階のブースに輸入コンテナを開けてゴロゴロと展示していました。その時の試奏したビンテージマーシャルのサウンドが忘れられず今日に至るという具合なんです。大阪では他にwatanabe楽器さんも中古のマーシャルの弾数がとても多かった記憶があります。

Cシリアル、タグには検品が1971年8月19日。100WUSA向けとあります。71年製は他にも多数この同じ日付のタグをみたことがあるので検査をいっせいに行っていたんでしょう。
SLN11.jpg

バックを見てもスピーカーアウトが2個で、電圧セレクターが最初からない68年~72年のUSA仕様。BAN*SというショップでModされていて、プリ管増設(センドリターンの送り出しと、初段の増幅)、マスターボリュームの位置には音量コントロールはなくて、プリアンプゲインコントロールが2段に入ったような構成です。
back1.jpg

1978年の9月にアメリカのSUN(後の赤ノブの製造メーカーでFENDER傘下)ファクトリーサービスで電解コンデンサー1個が交換されています。オリジナルと同じメーカーのパーツでした。
denkai.jpg

72年までしか無かったPOINT TO POINT配線です。ショップで改造された箇所は全て増設された箇所での出来事ですので、簡単にオリジナル状態に戻せることが確認できます。後のことも良く考えてありますね。

'71年から38年に及ぶこのアンプの歴史で、交換されたと確認できたパーツは
・平滑用電解100μF(同じメーカー品)
・0.022μF(3段目のカソードフォロアから33Kオーム直列に入っているオレンジドロップでトーン用)
・Midのコントロールポット
の3点のみで、一番重要なアウトプットトランス、電源トランス、カップリング、デカップリングコンデンサーは全てオリジナル状態でした。

ptp基板をあきもせず眺めてしまいました~一番左の銀色の偉そうなコンデンサはスタンバイスイッチを入れたときのスパークを止めたりプレートへの突入電流を制御するためのもので音には関係ありませんがルックスが!カッコイイ~
ptp.jpg

さて、音を出す前に各部の電圧チェックです。電源電圧を117Vにセットし各部の電圧を、
・パワー管スロヴァキア製 E34L(これもヴィンテージ)
プレート 503V、スクリーングリッド497V、コントロールグリッド-38.2V
プレートが500Vということは68年のプレキシと同じEL34の100W仕様トランスと確認できましたのでこの時点で最終的に購入を決めました。後のアメリカ向けは真空管が6550となり100Wでは460V前後、、、ちなみに50Wタイプは昔も今も390V前後です。グリットのバイアスはもう少し深くても良い値です、バイアスのポットが劣化しているのかもしれません。この辺りは4つあるパワー管のバイアス電流検出端子と、可変ボリュームを後ろに出す予定です。
biasajust.jpg

サーキットボードが素晴らしい状態と確認できましたのであせりながら始めての音だし~
!!!Oh~!!! 物凄い、形容しがたい凄いサウンドに腰が砕けてしまいました。でかいアンプは凄い数を試させていただきましたがこんなスィートなのは初めてです。ダイナミックレンジが強大です、アッテネーター(トランス式)が無いので家ではまだクランチの入り口くらいの音しか出せませんでしたが、”Hey Joe"のコードをピッキング無しの左手のスライドのみで弾いたんですが、歪んでいないのに音がジョリ~~~ンッと物凄くサスティンして最後に余韻がヒィィ~ンッと鳴るんです、なんじゃこりゃ~!ヒィィ~ン って凄いなァ~!こんなのは初めてです、プレゼンスを上げ気味でイコライジングしても痛い所が全く出ないベルベットサウンド!MIDを上げ気味にすると、JOSEのMODのような音に、、、歪ませたらどうなるんでしょう?気を失うかも。

プリント基板のプレキシリイシューや75年以降のJMPはかなりの数お試ししましたが、余韻がヒイィ~ンとは鳴きませんでしたしもっとブーミーです。エフェクターの基板でも言えることですがインピーダンスの高い真空管の信号の場合プリント基板ではパターンとパターンの間の静電容量が原因で音ヤセがが出やすくなる。それとPTPで一番有り難いことは、部品の交換や回路のトレーシングが非常にラクチンで写真を撮ってあとから解析もできます。今回のを弾いてみて改めてオールドマーシャルの魅力にハマってしまいました。

そうですね~例えて言いますと、激務に追われた初めての出張先、ふらりと入った小さな小料理屋の女将は高島礼子似の和服美人。こちらの問いかけに優しいまなざしでお酌を返してくれ、時がたつのも忘れ楽しく癒されていく,,,こんな感じでしょうか。

明日からはこの回路を今後どのようにして行こうかな~というプランニングについて書いていきたいと思います。
frnt.jpg


コメント

  1. ニャロメ | URL | 1.b4PuJs

    ご購入おめでとう御座います 

    v-283 オコンニチワ !! 、Castmanさん。

    ワァ~ッ !! 、オールドマーシャルの、
    スーパーリード・100Wをご購入されたんですね~。 v-424
    このアンプで奏でるクランチトーンも、
    とっても味わい深い音ですよね~。 v-410
    もちろん最大の魅力は目の粗い歪の、
    フルテンのサウンドですけれどもね。 v-410
    写真を見ているだけで鳥肌が立ちます。 (笑)

    昨日ご紹介させて頂きました、VOXのモデリングのアンプは、
    とっても安くて、値段の割には結構使えますよ。
    1ヶ月お小遣いを我慢すれば購入出来ます。(笑)
    ニャロメが所有している物はAD30-VTと言う30Wの物です。
    このクラスのもので20,000円チョッとの値段でした。
    パワーレベル・コントロールが付いていますので、
    30Wのアンプの場合は、5W~30Wの間で使用出来ます。
    フルパワーで鳴らしても、5Wに設定すれば部屋での練習には最適ですよ。 v-426

  2. JAKE(白帯) | URL | z8Ev11P6

    Re: '71年製 Marshall Super Lead 100W

    おおおおお~オーラが漂っていますね・・
    渋いアンプだ・・

    ツアーケース付きということは、プロが使っていた機材ですかね~。

    うう~ん、音出しレポが楽しみです。

  3. ごり | URL | 9zOzYU0I

    Re: '71年製 Marshall Super Lead 100W

    こんばんは。

    す・スゴイのを入手されたんですね。

    今では信じられない話ですが、学生時代に、この時期のマーシャルが普通に置いてある練習スタジオがありまして・・・おっしゃる通りの余韻が『ヒィィーン』と来るシビれる音でした。
    そのスタジオは民家を改造したところで、アンプもオーナーの方の趣味でよく手入れされていた、マーシャルやら、ブギーマークⅠやらが置いてありました。

    ニャロメさんおっしゃる通り、写真見ているだけで、あの魂が震えるような音が蘇ってくるようで、ゾクゾクします。







  4. よすけ | URL | -

    Re: '71年製 Marshall Super Lead 100W

    jimiが使ってたのと同じとは凄い!惚れ惚れするアンプですね。ちょっとこれはぜひ音源アップお願いしたいです。

    それにしてもポイントtoポイント回路みてるとなぜか自分でも作れそうな気がしてきますね~。

  5. JAKE(白帯) | URL | z8Ev11P6

    Re: '71年製 Marshall Super Lead 100W

    おおおお~すごい美人のアンプだったようで良かったです!

    ポイント・トゥ・ポイントで、お姿も美しいですね~。

    礼子さんに、爆音で癒してもらってください~(笑

    私も礼子さんの、「ヒィィ~ンッ」が聞きたいです!お時間のあるときに、是非音源聞かせてください!

  6. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: '71年製 Marshall Super Lead 100W

    ニャロメさん、オールドの71年を衝動的に買ってしまいました。ハンドワイヤリング独特の音の太さにこの年でかなりのショックを受けていますです!70年代中期以降のjmpやうちのマーシャルに比べてヘッド自体の重さがメチャメチャ重たいです。それにダイナミックレンジが物凄くて家ではアッテネーター無しでは無理ですね!(早急に手配いたします)こういうアンプを何年もじっくりと時間をかけて自分の好みに改造していくのも楽しいのではないかなと思いました。

    VOXアンプのページを拝見いたしました、数年前にvoxフロアタイプのマルチエフェクターを買おうとしたことがありこのとき試奏してvoxモデリングの素晴らしさに感嘆しました。20000円台とはコンパクトエフェクター並みの価格でこれだけの機能がつくなんてこれもちょっとショックショック!ですよ~

  7. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: '71年製 Marshall Super Lead 100W

    JAKEさん、音だしレポですがさすがにアッテネーターが無いとできないですね~これは。ボリュームを上げると物凄い痺れるようなサウンドです。野外でやってみましょうかね~
    きょうも小さい音ですがjimiの曲をいろいろとやっていましたが強くピッキングすると嫁のストップコールが直ぐに来てしまいます。音源アップはもうちょっといじくったあとでじっくりとしてみますね。

  8. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: '71年製 Marshall Super Lead 100W

    ごりさん、学生時代に凄く良い体験をされたんですね~羨ましいです。69N.O.Sを買うつもりでサーチしていたんですがこれを見つけてしまい、、、内部写真が無かったのですが、返品可能とありましたので回路とトランス類のチェックで安心して買うことができました。私の若い頃はあってもノーマルのJCM800でしたのでちょっと耳に突き刺さる感じでしたが今回のは別次元かも知れませんね、海岸でフルアップでカラスをビックリさせてきますね。

  9. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: '71年製 Marshall Super Lead 100W

    よすけさん、こんばんわです。
    私はコレクターではないので詳しい仕様変更は知らないのですが、68年とか69年ではトランスの置き方がかわっているとかいないとか読んだことがあります。でも内部の巻き線などは71年は同じだと思います。それとアメリカのebayオークションもチェックしていたのですが、68年のプレキシのサーキットボードのレイアウトやパーツの写真と今回のを比べましたがスタンバイSWのサージプロテクション以外のパーツはレイアウトも含めておんなじでした。68年や69年ものはアメリカでも5000ドル以上でした!

    アウトプットトランスと電源トランスに良い物があればきっと自作もうまく行くと思いますよ~ただし、国内で手に入るオーディオ真空管アンプ用の電源トランスやアウトプットトランスは全然駄目です。ペンペンのサウンドです。アメリカからプレキシのキットが1000ドルくらいで入るのでこれが一番の近道だと思います。ハンドワイヤリングボードです!http://metroamp.com/store/index.php?cPath=44&osCsid=712nnba5654ki2mqhpun5tp203

  10. CaboWabo | URL | 3fP8K/.I

    初めまして

    B○NKSそのショップは、近所なのでよく行きます。
    私も、オールドのFender Vibrolux Reverbをそちらで手に入れました。
    最近いろいろなアンプリペアーショップがありますが、技術的にもリペアーに必要なテスター等もあり、大変信頼できるショップだと思います。

  11. Castman | URL | 4A9T8td.

    Re:'71年製 Marshall Super Lead 100W

    CaboWabo さん、コメント頂いていたのに返信が遅くなり大変失礼しました。私も名古屋近郊の楽器屋さんにはよく行きます。私のマーシャルは購入時にはそのショップmodの状態でしたがエフェクトのセンドリターンのアンプが自分には不要だったり、プリアンプ段での歪が71年にしては少ない、と、感じまして、、、子のマーシャルのプリ部をランディーローズモデルのようなカスケード接続やjoseのハイゲイン接続なども試してみましたが結局は1959のオリジナル回路に戻してしまいました。かなり歪ますが60年代のプレキシのようにブーミーにならずやっぱり71年と72年の3月くらいまでの物は別格だと思いました。
    ショップも自己改造もいろいろあるでしょうが自分の好きな音が出れば最高ですね!私もアンプに関するテスターや測定器は最低限の物しかありません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/72-a2c4b7d2
この記事へのトラックバック


最新記事