FULLTONE'69コピー機の製作5

2008年09月29日 21:15

それで、自分なりの好みの条件みたいなのを書き出してみますと、、、

・オペアンプICを使わないディスクリート回路で、、、
・ダイオードによるクリッパーが無い回路で、、、
・ギター側のVolを絞るとパリン、コリンの乾いたサウンドがして、、、
・フルにしたときも過度のコンプレッションが無く、、、
・ロングトーン時には原音が減衰したあとに倍音がサスティーンしていく、、、
・ゲインフルアップ時でもアタックのド頭は歪まずダイナミックレンジが広い、、、

と、いうようなかんじです。

オペアンプ全盛の80年代、マクソンもボスもMXRもDODもみんなデュアルタイプのオペアンプでした。オペアンプの一番の特徴は低域が出ないことでした。JRCの4558、4559、4560は高域も低域もかなりナロー、レイセオンの4558はその点気持ちよく中高域が伸び。テキサスTL072は中高域は抜けるが低域がスカスカ。唯一、ズ太いサウンドだった5532は入力のインピーダンスが低く4558系とは差し替えができず、入力にトランジスタ1個を使ってバッファーが必要でした。
やっぱりディスクリートで組んだ図太い中低域にエゲツナイ高域、ダイオードクリッパーなど使わずひたすらゲインをとって、、、という方法がシンプルですが一番好きです。

c1.jpg

コンデンサーの銘柄を色々と変えてみて自分の好みに仕上げていくのも楽しいのではないでしょうか。特に2つあるケミコンはかなり色々なブランドがあり上に書いた条件のうち、倍音や艶についてのニュアンスが変わり面白いですよ、私はセラファインの輪郭とハーモニクスが好きでワウも何でもかんでもセラファインです。もう一つイタリアの何とかいう?メーカーの奴も良い感じです。トランジスタとの兼ね合いやアンプのキャラクターで低域がモーモーしすぎるときは最後の0.01μをもう少し小さくしても良いかもしれません。とにかく自分の耳に心地よく感じる音色に作り上げていくのが一番です。


コメント

  1. さとぅ | URL | zqPWYEbY

    ケミコン

    勉強になります。
    しばらくはシリコンFuzzを作ることになりそうですが、
    ケミコン、僕も色々試してみたいと思います。

    >ロングトーン時には原音が減衰したあとに倍音がサスティーンしていく

    これは、いいですねえ。

  2. Castman Hendrix | URL | -

    Re: FULLTONE'69コピー機の製作5

    そうですねー結構自分で弾いて比較するとかなりサウンドのタッチが違うので色々とお試しください。楽しいですよ~。オーディオ用と銘打って少し高いタイプには薄くてペラペラなサウンドのモノが多いので腕の見せ所いや耳の効かせどころですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/8-10fc103a
この記事へのトラックバック


最新記事