marshallのメンテ

2009年05月29日 00:29

今日は朝から天気が悪かったので急遽仕事をお休みにして午前中は運転免許の更新に行ってきました。帰りにハードオフ、ブックオフで出物がないかチェック、60年代70年代の来日アーティスト特集とかいう本が出ていました。私のアイドルでありますフォーカスのヤンアッカーマンも載っていましたよ。

午後からはパーツも無いので2台のマーシャルのシャーシを引っ張り出して色々とメンテを行いました。
mar1.jpg

ALBITのmodマーシャルの配線を眺めて色々と勉強しました。プロが発注するオーダーメイドアンプのプロ集団だけあって配線技術と実装方法は物凄く勉強になります。スズめっき線を何十本も束ねて半田で固めた”アース母線”をプリアンプ基板のぐるりに張ってプリアンプ基板からのアースがそれぞれの地点で最短になるように配線されています。右側のアルミ製ネットもアースされていて外部ノイズを遮断します。プリアンプ基板はサンハヤトの”隠蔽ブラック”というエポキシ樹脂で隠されていますがいずれはルーターで削りだしてみたいですね。それにしてもため息が出るほどの配線技術ですね。ハイワットやソルダーノなんかの配線実装も凄いですよね。
mar2.jpg

リードモードとクランチモードの切替スイッチ機構周辺です。とにかくノイズがとても少ないアンプです。
mar3.jpg

こちらは'71マーシャルに実装されたcdsを使ったスイッチング回路です。LEDが光るとスイッチがONなのですが厳密には500オーム弱の抵抗が残ります。単純にオルタネイトの6Pスイッチで2回路分を切り替えられるようにLEDの光らせ方を変更しました。最初は抵抗で電位差を出して2回路を切り替えていたようですが、ON時の残留抵抗値が数キロオームと大きいのと2回路それぞれのON時の抵抗値が開きがあったので揃えてみました。

それから今日、ランディーローズモデルと同じカスケード接続に配線してみましたがニャロメさんのレポートにもありましたようにノーマルチャンネル側のカップリングコンデンサの値が大きい影響だと思いますがかなり高域のおとなしいハイゲインサウンドになりました。ですがやっぱりブライトチャンネルのサウンドやリンクした時のサウンドが好きなので元に戻しました。
mar4.jpg



コメント

  1. ニャロメ | URL | 1.b4PuJs

    Re: marshallのメンテ

    v-283 オコンニチワ !! 、Castmanさん。

    Castmanさんの#1959でも、カスケード接続にすると、
    ウォームなサウンドになりましたか。v-410
    このカスケード接続の方法で、JAKEさんに作って頂いたFUZZをカマして、
    新品のレスポールJrを鳴らして見たんですが、
    ニャロメが大好きなレスリー・ウエストのサウンドが出たんですよね~。v-405v-410
    まだ若々しいP-90のピックアップの音を、
    芳醇な雰囲気のヴィンテージトーンに変身させてくれたのかもしれませんね~。
    ニャロメも個人的には、
    目の粗いブライトな#1959のサウンドが好みなんですよ~。v-410

    ニャロメもヤン・アッカーマン御大が大好きですニャン !! v-438v-410
    勿論、フォーカスも大好きですよ~。
    ニャロメは結構プログレ・オタクなんです。(笑)

    今回も動画を載せさせて頂きました。
    ザ・ベーカーブラザーズと言う白人系のファンクバンドです。
    こんな感じの音楽も良く聴いていますニャン !! v-411
    ニャロメはこの手のジャズ・ファンク系やスムース・ジャズ系の音が、
    とっても大好きなんです。v-426
    勿論、本物の(笑)ファンクも大好きですニャン。v-410

    もし宜しかったら、URLをポチッて下さいませ~  v-410


  2. JAKE(じゃけ) | URL | z8Ev11P6

    Re: marshallのメンテ

    プロの配線はさすがに色々工夫されていますね!

    配線の束ね方だとか、ラグ板への部品の取り付けかた、素晴らしいです。

    錫メッキ線を束ねた束ねた太いアース線、、これはいいですね~!

    とても参考になります!

  3. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: marshallのメンテ

    ニャロメさん
    どうもありがとうございます、ニューバンドのご紹介初めて拝見しましたが良かったですよ、それにしても守備範囲が広いですね~
    私も実は黒人のファンクは物凄~く大すきでレコードもたくさん集めました。特にブーツィーコリンズというベーシストとバーニーウォーレルというキーボーディスとが大好きです。そして、プログレもテクニカルで分かりやすいバンドは大好物でしたがヨーロッパ、特にフランス系の難解なものはちょっと苦手でしたが、プログレの場合は独特のレコードジャケットのデザインに魅せられて、、、ということが良くありましたね~

    ニャロメさんのおっしゃるとおりのカスケードのサウンドでしたよ、うちのマーシャルは購入時には2代前の持ち主さんの改造でブライトチャンネルのハイパスコンデンサが外されていましたのでそれを元に戻したところさらに元気なジョリ~ンサウンドになりゲインもかなり上がりました。少しマスターを上げると単体でかなり歪みますので良い感じですよ!私もレズリーウェストのレコードは大好きで全部集めました!

  4. Castman Hendrix | URL | 4A9T8td.

    Re: marshallのメンテ

    JAKEさん こんにちは

    空中配線のところなんかは部品のリード線だけだとブラブラしたり切れやすかったりするのですが、そんな時は0.8のスズめっきを2本撚り合わせてリードとしたりしていました。

    アース母線はどうやら良く見ますと、極太のスズめっきされた電線の被服を剥がし、さらに半田めっきされているようです。小信号用のアース枝線は最短で母線に接続されて最後はブロックコンデンサのところのシャーシラグに1点となっていました。パワー部、電源部もそれぞれのセクションでアースされています。ハイゲインなのにとにかくノイズが少ないので時々はこのシャーシを開けて引き回しなどの勉強をするようにしているんですよ~

    ところで、JAKEさんのお持ちのアースの本の作者と私が借りた2冊の本の作者は同じ方でした。今まで色々とプリアンプなども作りましたがハイインピの配線ではシールド線の片側を浮かすのが常識とされていましたが、この本では両側を浮かす、逆に両側とも浮かさず接続する、A点を浮かす、B点を浮かす等全ての方法を試す必要があるとなっていました。なるほど~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://castman.blog64.fc2.com/tb.php/92-77aa1b97
この記事へのトラックバック


最新記事