FC2ブログ

・Talk Box MCM-DU-60, EV1823Mにキャパシター

2018年07月02日 00:25

・久しぶりに秋葉原のコイズミ無線へ、、、ムンドルフのキャパシターを買ってきました。。秋葉原も行くたびにパーツ屋さんが減ってきましたね、万世橋のラジオガアデンは居酒屋さんみたいになっていました。昔はジャンク屋さんで放送局が放出した機材を物色したりする楽しみがありましたね。
talk_0055.jpg

・左がMCM DU-60というドライバー、右がこの分野では世界一のElectro-Voice EV-1823Mです。ギターで使う場合は要りませんがシンセサイザーでトークボックスをプレイする場合はシンセの出力に含まれる超低域からドライバーのコーンを保護するためにキャパシターを取り付けます。ラグ板を画像のようにルーターで加工して取り付けるとスマートに配線できます。

ギターやシンセでトークボックスをプレイしたい人は今のうちに上記機種を手に入れることをお勧めします。もうすでに両機種とも廃盤、特に1823Mはパワー、発音のキレ共に最高でこれでプレイすると他機種が頼りなく感じます。
talk_00556.jpg

・シンセサイザーはYAMAHA DX100をメインに使っていますがこれはホイールの操作感がとても良くて最高です。コレも又廃盤なのでメイン機とは別にもう1台新品を探してきて持っています、他にデュアルでボイスを重ねられるDX21とマイクロKORGも使っていてマイクロコルグも上手く音色を作り上げると太い音が出て良いですね~
talk_0058.jpg

・昨年でしたかMINI MOOGがリイシューされて驚きました。買われた方も多いのではないでしょうか。なんせ、バーニー・ウォーレルが弾く歪んだクラヴィネットやトランス状態に陥って弾くMINI MOOGでのリードシンセで育ったものですから。

以前 時々行く梅田の島村楽器でMOOGのSUB PHATTYがあって弾いてみましたがMOOG特有のぶっといモノフォニックサウンドで良かったなぁ~

・ラジオ関西 10万枚のレコード物語~ Panasonic RF-U06 LEDランプ交換

2018年07月01日 22:00

・ラジオ関西のAMモノラルで聴くJAZZ番組やアナログレコードだけを使ったアナログコネクションという番組が好きで良く聞いています。同局が所蔵している10万枚を超えるアナログレコードについて当時のプロデューサーが神戸新聞に連載していたコラムを1本に纏めた本が出版されています。読んでみましたが、普段は触れる機会のないジャンルの音楽の事も知ることができとても良かったです。
radio_kansai10.jpg

・自宅からバイクで10分ほどの所にある展望台から潮風に吹かれ海を眺めていると、ラジオからSTARDUSUTが流れてきました。数あるカバーで知られる名曲中の名曲ですが私はこの美空ひばりさんが歌うスターダストが一番好きです。


・Panasonicが90年代に出した名機にRF-U06というシンセサイザーラジオがあります。この時代らしく造りがしっかりしていて高感度、高音質です。SONY SRF-M100という同時期の機種も有名ですが出力が80mWしかなく音がとても貧弱です。このRF-U06はスピーカー出力を250mWと80mWに切り替え可能で帯域が広くて良い音です。
rfu_9847.jpg

・液晶のライトが純正品は輝度の低いグリーンのLEDで暗くて使い物になりません。
rfu_9932.jpg

・シリコンハウス共立で高輝度の電球色とアンバーオレンジの2種類を買ってきました。
rfu_9933.jpg

・基盤の集積度はまだ何とかなるレベルです、、、
rfu_9934.jpg

・電球色では明るすぎるのと液晶の視野角が狭い感じを受けました。
rfu_9843.jpg

・アンバーオレンジに付け替えてみると、、、
rfu_9941.jpg

・クッキリ優しい良い感じになりました。完成。夜間は室内でも東北放送、札幌HBC、山口放送なども良い音で入ります。
rfu_9950.jpg

・ギターアンプ アッテネータ ヤフオク編

2018年06月04日 22:36

・友人から借りていますこのアッテネータ、ヤフオクで出品されているのを買ったそうですが中々というか凄く良いんですよ~
PAT000.jpg

・友人はFENDER TWIN AMPをアッテネートするために使用。ガッツリアッテネートするとチンチンに熱くなるそうです。試しにYAMAHA-SOLDANO-T50CでRIVERAのアッテネータと比較。このアンプはある程度マスターを上げないと良い音がしませんしリバーブとのミックスバランスが崩れますのでいつもはリベラを使用。比較すると、ちょっと倍音の削がれ具合でリベラに軍配。
PAN004.jpg

・次にFENDER THE TWINこれもマスター0.2以上でいきなり爆音になる恐ろしいアンプで常時トランス式のDM-05を使用。この比較だとヤフオクモノの細かいヴォリューム設定ができる点と綺麗な倍音感でヤフオクアッテネータの勝ち。
PAN003.jpg

・中身を拝見すると一目でプロが作ったものと分かります。-16db側では高域補正が入ります。アッテネーター程作る際にパーツの良しあしや配線技術、安全対策に関する知識が問われるモノは無いのではと思います。ヤフオクには他にもプロが造る高品質な手作り品が出品されていますが、私なんかが一からパーツを集めて自作するよりも遥かに品質が高くて音の良い物が出品されているのでそちらを利用するのが良いのではないでしょうか。
PAN001.jpg

・音の良い物にはレオスタットが使われているんですがこのパーツがなかなか入手困難なのです。
私のアッテネータの使い方はガッツリ、マスターを上げてゴッソリ下げるのではなく、あくまでも自宅での適正音量を得るためのマスターVo補正的に使っております。
PAN002.jpg

・西アジアの民族音楽

2018年06月03日 21:30

・長男がバンコクから帰国してきたので久々に一杯飲ませてやりました。次はパキスタンに行くそうです私なら現地で音楽を買い漁る?!かもしれませんが本人は興味なし。
PAKISTAN0025.jpg

・夜になるとインド、サウジアラビアの短波放送局から流れる現地の音楽を聴くことができます。インターネットのストリーミング放送は味気ないのですが遥か電離層を反射して届くフェーディングとノイズ交じりの音楽の方が好きですね。SONY CFM-SW11という安価な短波ラジカセをできる限りチューンナップしてみるのも面白いです。
CFM-SW11-001.jpg

・東京のリサイクルショップでデッドストックの新品箱入り3000円で買ったものです。以前、中波帯とFMの感度調整は済ませてありましたが短波のハイバンド帯の目盛り表示がかなりずれているのとハイバンドの感度が低いので調整してみました。
CFM-SW11-002.jpg

・ネットでアメリカ仕様のService Manualを入手して整備要点を理解します。 この手のラジオは分解手順や整備性の非常に悪い物が多くて分解前の状態をその都度写真撮影することが良くありますが今回は単純で楽でした。
CFM-SW11-0045.jpg

・スーパーヘテロダイン受信機の調整は正確には変調をかけられるシグナルジェネレータやミリバル計が要りますがそんなものは持ってませんのでちょっと工夫します。 先ずはデジタル表示のラジオをもう1台用意します。このラジオの中間周波数は455KHZである必要があります。

・SONY CFM-SW11の整備マニュアルに沿って各バンドスケールのちょうど中間あたりにバリコンを固定して本体を分解。 次にもう1台の方のラジオをSW11の目盛り表示よりも455khzだけ低い周波数に合わせます。 例えばSW11のメモリが11800khzならば、もう一台のラジオを11345khzに合わせて、今度はSW11の該当バンドのOSCコイルを慎重に回していくと無変調のキャリアを受信して雑音が消えてチューニングランプが明るく点く箇所に合わせればそのバンドの表示はバンドの一番上と下では若干ズレがありますが合せることができます。 各バンドのOSCトラッキングが終わったら、次はRFトラッキングを合わせます。これもバンドの中間付近で極かすかに受信できる弱い局の信号が大きく聞こえるように該当するコイルを回して合わせます。ハイバンドは最大感度付近で良いのですがローバンドは最大附近だと歪みやすいので丁度良いところで。 安いラジカセですが調整後はアラスカのKNLSも安定して入りました。
CFM-SW11-003.jpg

・VOX V847 (made in USA) NYC modを改造 その2 完結?

2018年05月20日 22:41

・買ってきてまず最初にやったことはペダルストロークの拡大でした。この筐体自体の可動範囲自体は割と広いので、前側のゴム2個を外して底の部分をスライスして高さを詰めて再接着します。かかと側は前側のスライスした薄いゴムを貼ってカタカタ音がしないように。スイッチのオフセットを調整して踏み込んだ時の入り切の具合を調整。最後にポットギアのかみ合わせを調整して終わり。かなりコント―ローラブルで好みのストロークになりました。
トランジスタをBC108と109に交換してミドルに艶が出て良くなりましたが未だ高域のキツイ感じが残ります。そこで、色々とパーツを調達。
v847nyc007.jpg

・タクマンのカーボンレジスターをスチロールコンデンサと合わせてみたところようやく擦れた感じの良い倍音に。
v847nyc008.jpg

・今回はNYCmodとは?ということで買ってきたのですが結局のところトゥルーバイパスと0.22のキャパシターのみ残して後は変更してしまいました。消費電流はLED無しで0.64mA。これがLEDを点けると2.15mA。1.5mAも食わせるのはナンセンス。というかワウペダルにLEDは要らないので切りました。それと、バンドパスフィルターのQなんかを可変抵抗を使う方法も見ますがバッファ無しで引き回しておまけに可変抵抗の音を付加させるのは好みません。シンプルが一番です。トランジスタはまた変えるかもしれないのでソケットですが一応完成。アンプの改造は理論も実践もきちんとした知識が無いと怪我や火災にもつながりますがこういう部品点数の少ないエフェクターを色々いじるのは初心者の方にも安心です。
v847nyc009.jpg

・Marshall 1959 SuperLeadに繋いでみます。攻撃的だけれどカスレ感もある素晴らしいワウになりました。Seymour Duncanのピックアップブースター、文字通りピックアップのキャラクターをそのままブーストアップしてくれマーシャルのブースターとして使うには最適です。
v847nyc010.jpg


最新記事